コロン・コロンなウサギ

うさぎのポロンとコロ太郎&なっちゃんとみのさんの日々
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

求ム情報・ウサギの保護(団体)について教えてください。

これが、ウサギを保護できる状態になるのかどうかはわからないのですが
今から書く内容について、情報やアドバイスがある方は、教えてください。


土曜日、私の友達からメールが入りました。
内容は、その友達の会社の同僚の息子夫婦が
気まぐれで飼ったウサギの面倒をみていないようだ ということでした。

爪が伸びまくっている様子なのに、ウサギが人慣れしてないから触れず
自分たちでは切ることが出来ず、ならば獣医さんに連れて行くという
方法がありますが、それにはお金がかかるから、もったいない!ということで
連れて行かず、そのままになっているのだそうです。

その息子夫婦の親御さんが(友達の同僚)、それを見かねて、友達に相談して
来たのだそうです。
友達は現在、猫を飼っていますが、ウサギを飼ったことはなく
コロンと暮らしている私に相談してきました。

友達の同僚の息子夫婦、私からすればワンクッションもツークッションもあるのですが
私が思うに、エサとかはちゃんとあげているのだと思うのです。
でも、それ以上の手間はかけない、面倒はみない
また、触れないから面倒をみることが出来ない!と思っているのではないかと。
育児放棄になる状態ですよね。

こういった状況で、このウサギを保護してもらうことは出来るのでしょうか?

私もまったくこういった知識はなく、ただウサギの保護団体やNPO法人、
里親募集など、ボランティアで活動されている所はありますよね。
いままでブログをやっていますので、そういった活動を他の方のブログで
見たことはありますが、詳しくは知りませんでした。
今回、ネットで探してみましたが、そうそう簡単に「じゃぁ、保護します」なんて
引き取っていただけることはないと思います。

それはそうですよね。 簡単に引き取っていたら、その団体はすぐにパンクします。
現在、家で飼われているウサギの保護はしていない、という団体さんもありました。
里親募集についても無料ではなく、それなりの費用がかかるというところもありました。
というのも、無料でウサギさんを差し上げますよ、という状態にすると
他の動物のエサにしてしまったり、かえってひどい状況にウサギを引き渡すことになる
ということが無いようにとの配慮のようです。

このウサギさんも家で飼われているわけですから、保護してもらうという状況ではないのか
と思うのですが、こういっった(爪が伸びてるだけではなく)状況にいたウサギさんを知ってるよ、
その子はこういうことになったよ、など、何か知っている方はいらっしゃいませんか?


今、ウサギさんはペットショップなどでも多く売られていて、ウサギを飼う人というのは
増えていくのだと思います。
こういうことは、今までもあったでしょうし、これからも増えていくのでしょう。

ウサギを飼う動機はいろいろでしょう。
店頭で見て、可愛い~と思い、泣かない、これ以上大きくならないなど、比較的飼い易い
と言われたりで、じゃ、飼おう!と思う人も多いと思います。
ただ、きっかけはそんなものですよね。
ウサギとともに、これからの人生を歩んで行く!などと、大きな目標を持って飼い始める人は
少ないと思います。

ただし、きっかけは何であっても、一度飼う、このウサギと暮らすと決めたからには
一生面倒を見る、愛情をもって面倒を見る、最後まで面倒を見る、というのは
あたりまえでしょうが、絶対ですよね。


ただ、ウサギに限らないと思うのですが、どうしても家庭の事情が変わったり、
仕事や何かで引っ越しを余儀なくされ、ペットが飼えなくなる
イヤだけど、どうしても手放さなくてはならない事情というのはあるはずで
ボランティア団体というのは、そういったウサギさんを保護するのだと思います。
また、人間の勝手な都合で捨てられてしまったウサギを保護するのが目的だと思うのです。


このウサギさんの場合は、息子さん夫婦が心を入れ替えて、もう一度ウサギさんを
見つめてあげるのが一番良いのだと思います。
それがムリなら、本人たちが次の飼い手を探す、その場合、家族や親せき、友達など身近な
人に頼んでみる。それでもどうしようもないならどこかに相談してみる、ということでしょうか。

このウサギさんはつらい目にあっていますが、いま、気にかけてくれてる親御さんがいるのは
救いだと思います。
かといって、親御さんが引き取ってウサギを見ることはできないのが現状なのでしょう。
ですが、一緒には暮らせないけど、息子さん夫婦が爪切りをしないなら、お金はかかりますが
親御さんが獣医さんに連れて行って爪切りをしてもらうなど、なにか対処してあげる方法も
あるかもしれません。
ペットショップでもウサギの爪切りをやってくれるところはありますが、¥500くらいだったり
しますよね。


お金の問題ではなく、ウサギさんが触らせてくれないから、どうすることもできないというのも
あるかと思います。親御さんも暴れるウサギを触れないかもしれません。
医者に連れて行くにしても、キャリーに入れる必要はあるので、それが出来ないのかもしれません。

ウサギは生きています。ちゃんと感情があります。機嫌が良い時も、逆に悪い時もあります。

昨日まで良い子でナデナデさせてくれたウサギが、今日になって突然暴れたり、
襲ってきたり、噛もうとしたりという状態になり、飼い主が恐怖を感じてどうしてよいかわからない
というお悩み相談を見たことがあります。

これって、きっと多くの方が経験あると思うのです。
コロンもあります。 機嫌が悪くなり、手を出すと両手で「ウっ!」といいながら、飛びついて
こようとしたり、噛まれたこともあります。

ただ、こういったことには、原因があるはずです。機嫌が悪くなる原因があるはずです。
コロンが私の指を噛んで流血させた時も、原因はあります。
この時は故意や悪意ではなく、偶然そうなってしまったのですが
やはり噛まれたら痛いです。 両手で襲ってきてもそれは軽い威嚇であり
爪で傷つくということはないのですが、怖いと思ったりします。
それは痛い思いをしたくないからです。傷つきたくはないからです。

それでも、自分が傷ついても気にせず、今までと変わらず愛情を持って接し
ウサギと暮らしていく、ウサギ好きは変わらない、きっと皆さんはそうですよね。

でも、こういったことがあると、飼い主側でパニックになり、ウサギを怖いと思い
触れることができなくなり、愛情も消えてしまうことがあるのだと思うのです。

ですが、関係は修復できますよね。
ウサギが不機嫌であっても、一生不機嫌ということはないはずで、ウサギもきっと落ち着きます。
一週間とかかかるかもしれませんが、また落ち着いて、飼い主にナデナデを求めたり
するはずです。
このお悩みの方もそうでした。 アドバイスをもらって落ち着いて、
もとのようにウサギを可愛がることが出来るようになっていました。

不機嫌になる原因はあります。 それを考えて、その原因を取り除いてあげるのが良いはずです。
でも……ウサギは話さないので、わからないことも多いです。
言うことを聞かなくても、決して手をあげてはいけません。
それは何の解決にもなりません。 ウサギは恐怖を感じて、ますます心を閉ざすでしょう。
暴力では何の解決もしません。 たとえ自分が傷ついても、それだけはしないでください。

どんな動物でもそうでしょうが、命あるものです。簡単に飼えることはないはずです。
ですがペットは私たちだけが頼りです。 私たちが面倒を見なくては生きていけないのです。
愛情を捨てないでほしいです。 復活させてほしいです。
ウサギに罪はないのです。



話が長くなりました。

ウサギの保護について、情報やアドバイスをお持ちの方がいらっしゃいましたら
教えていただけないでしょうか。

また、ご自分も同じような経験をした、家族や友達で同じようなことがあった、
その時はこうした、結果こうなった、など、同じような経験がある方も
話しづらいとは思うのですが、教えていただけると嬉しいです。 ありがたいです。

コメントは「非公開コメント」をチェックしていただければ公開されませんし
ブログ内にメールフォームもありますので、よろしければお話し聞かせてください。

ちなみに、このウサギさんは 関東在住 です。

勝手ではありますが、よろしくお願いいたします。



by なっちゃん




スポンサーサイト
【 2013/05/20 】 コロン日記 | TB(0) | CM(22)
No title
これは難しい問題ですね。
だって、そのうさぎさんの飼い主は手放す気はないんでしょ?
そうであれば、勝手に保護先を見つけても、却って問題が悪化してしまいそう。

やはり、一番いいのは、その飼い主が自覚を持ってケアをするようにご両親が説得する事だと思います。
爪切りの料金なんて、たかが知れてます。
でも、もし病気や怪我をしたら、本当に結構なお金がかかります。
それを承知で飼うのが飼い主の責任だという事を納得させなくてはいけないと思います。

息子夫婦っていうことは、もう立派な大人ですよね。
そういう人を相手にこんな事を言えるのは親しかいないと思います。
他人がとやかく言うと、ますます意固地になる可能性もあるしね。

私もミッフィーが抱っこさせてくれないから、病院へ連れて行く時に捕まえるのは結構大変だけど、それでも工夫すればどうにかなります。
夫婦二人いれば、それこそキャリーに入れるくらいそんなに大変じゃないと思います。
つまり、その飼い主夫婦はお金がかかるとか、触れないとか適当な言い訳をしてるだけだと思います。
そんな事を言い続けるのなら、きっぱり飼うのをやめて、せめて新しい飼い主を探すまでは責任を持ってやらせるべきだと思います。
親が言い聞かせる年ではないと思いますが、その状況を聞く限り、やはりそれしかないように思います。

そして、心を入れ替えて飼い続ける決心をしたら、早速病院で爪切りして貰って、ついでに健康かどうかも診て貰うべきだと思います。

そして、うさぎさんはぬいぐるみじゃないよってことを理解して欲しいと思います。

なっちゃんさんも、難しい立場だと思いますが、こうして皆に呼びかけることは素晴らしい行動だと思います。
私はいいアイデアが出ませんでしたが、きっとこうして呼びかけることで、いい案が出る可能性も広がりますよ。
皆さんの沢山のアドバイスが集まるといいですね。
【 2013/05/20 】 編集
・・・
難しいいですね・・本当に本人の意識次第だと

思います・・でも?なんで飼ったんだろ?

先代シオンも?実は全くの他人の家から来た

子なんですよ(^_^;)やはり?もう飼えないとの事で

人づてから?家に来ました!その方?飼う気ない

なら?次に狩ってくれる人探したほうが?

早いのかな・・・
【 2013/05/20 】 編集
No title
こういう事例は きっと いっぱいいっぱいあるんじゃないでしょうか。
お話の件については 直接なんの情報もさしあげられなくて申し訳ないのですが、
元々の責任は ペットショップにあると思うのです。

うさぎは鳴かない、飼いやすい、それを売りにしていますよね。
そして わずか生後1ヶ月になるかならないかで親から引き離してしまい、店頭にだす。
あまり早く離乳すると免疫力もつきません。
なのに ショップはそれをやっています。
そして 楽に飼えますよ的な売り方。

私は うさぎほど難しい生き物はあまりないと思っています。
医学的なことがあまりよく解明されていない、骨はスカスカ状態(病気ではなく そういう構造)、すべてがデリケート、気難しい、自己中心的、
それでいてアタマが良い。

でもみんなそれらのことを知らないから ショップにいわれるままに簡単に連れて帰ってしまう。
見た目の可愛さは抜群ですもんね。

私のように15年もうさぎと共に暮らしていても、
わからないこと、初歩的な失敗等などたくさんあって後悔の連続です。

なっちゃんさんのお話の件は、やはり親御さんがもう一歩踏み込んだところでどうにかして差し上げるのが一番いいのではないでしょうかねぇ。
息子さん夫婦のお気持ちも他人にはわかりかねますからねー。

【 2013/05/20 】 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【 2013/05/20 】 編集
No title
本当に難しい問題ですね。
確かに、その飼い主さんが手放す気がないのなら、なかなか助ける事も難しいと思います。
こういう扱いのペットって沢山いるのかと思うと悲しいですよね。
知ってしまうと、放っておけない、でもどうにもならない・・・ジレンマです。それでも何とかしようと思うなっちゃんはとても優しい人なのですね。
知識が無いので、何もお手伝い出来なくてすみませんm(._.)m
【 2013/05/20 】 編集
No title
知り合いに、土手に捨てられていた数羽の捨てうさぎの里親になった人が何人かいますが、動物病院の紹介だそうです。行きつけの病院等があれば、チラシなどを貼らせていただくこともできると思いますが、今回は少し違う問題のようですね。現在、飼い主がいらっしゃる場合は、動物病院等も、介入したがらないと思います。

もし、うさぎが人馴れしていないから捕まえれないというのであれば、軍手などをはめることで、噛まれることを回避することができますよね。ラビランに行くと、自分のうさぎを一度も抱っこしたことがないという方も結構いらっしゃいます。でも、スキを見て、一瞬抱きかかえてカートに移すことはできるそうで、病院にもなんとか行かれるそうです。でも、それは「愛」があるからできるのだと思います。

爪が伸びると神経も長くなってしまうので、時間が経てば経つほど、大きな問題になりますね。
お力になれず、ごめんなさい。あとは、動物虐待として届け出るくらいしか浮かびませんが、自分でうさぎさんの状態を確認したわけではないので、できるはずもないですし。
【 2013/05/20 】 編集
No title
どんな状況で飼われているのかわからないので、コメントしにくいですが、育児放棄しているようなら早く次の飼い主さんを探してあげたいですね!
やっぱり、自分で探すか親御さんが探してあげるのがいいとおもいますが。。。
私の友人は飼えなくなったうさぎさんをご両親に預けました。お母様はほとんどケージの外に出すこともなく食べ物をあげていただけですが、長く曲がってしまった爪にもかかわらず10歳も生きていたそうです
意外とこんな風に飼われているうさぎさんも多いかもしれませんね
あまり情報がなくて、ごめんなさい
【 2013/05/20 】 編集
ご迷惑をおかけしております
なっちゃんにこの度の件、相談させていただいたものです。
少し補足をさせてください。
その息子夫婦はウサギを手放す気がないわけではないようです。
ただ積極的に里親を探したりする努力をするつもりがないようです。

世話もできないのになぜ飼おうと思ったのか。
それはペットショップでみて可愛かったから。
なぜいまちゃんと面倒みないのか。
面倒だしお金がかかるから。
そんな最低な飼い方の典型のようなパターンです。

親である同僚が何とかするべきなのでしょうが、いっしょにすんでいるわけでもないし、同僚はそもそもが動物嫌いなので、ウサギを飼うことも反対したそうです。
息子はそれを無視して買ってしまったそうです。

可能であれば私が保護すれば一番いいのでしょうが、独り暮らしで猫が二匹という現状でいっぱいいっぱいです。

難しい問題なので中途半端に関わってはいけないとは思いましたが、ついウサギ飼いのなっちゃんに相談してしまいました。
なっちゃんごみんよ。
楽しいコロンブログにダークな話題を提供してしまったこと、申しわけなくおもっています。
ご意見くださった方、ありがとうございました!

ネットで里親を探す方法があること、そのために健康診断を受けさせ、一緒に爪のケアもしたほうがいいということ、同僚を通して取り組んでもらえるようお願いしてみます。

ご心配頂きありがとうございます。
なっちゃんもありがとう!ホントごめんよ~~(>_<)
【 2013/05/20 】 編集
No title
こんにちは。
このうさぎさん、飼い主さんにあんまり可愛がってもらえなったんですね・・・。本当に、本当に残念です。
やはり、私も新しい里親さんをネットで探すくらいしか思いつかなくて申し訳ないのです。
一日も早くそのうさぎさんにいい出会いがあること願ってるよ!
【 2013/05/21 】 編集
No title
んまー!けしからん!
同じうさ飼いとして説教しに行きたいくらいです!
差し向かいで5時間くらい。
うちも自分でつめを切れないダメ飼い主ですが
それならそれで他でやりますよね普通・・・

このうさぎさんにとっていい方向に向かいますように・・・
【 2013/05/21 】 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【 2013/05/21 】 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【 2013/05/21 】 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【 2013/05/21 】 編集
,もふもふミッフィーさんへ
お返事おそくなってしましました。ごめんなさい。
もふもふさんの言うとおり、飼い主の方がもう一度自覚をもって
ウサギさんに向き合って欲しいなと思います。
手放す気はあるようだけど、結局それも面倒でしないのならば
ウサギさんは今と変わらずお家にいるわけだから、だったら良い方向にいくよう
動いた方がいいですよね。
「続き」の方で、チョコさんと言う方がコメントを入れてくださいました。
その内容をちょっと書かせてもらうと

> チョコを飼う何年も前に、母親の知り合いからもぉ飼えないとうさぎを
引き取ったことがあります。
毛並みはボサボサ、触ることもできず、手を伸ばすと噛みつき…
あちこち傷がたえませんでした。
半年くらいはそんな状態が続き、引き取ったことを後悔しはじめた時に
やっと近づいてきてくれました。
放置状態で、人間というものを知らなかったのだと思います

↑ きっと、みなさんが思っているのは、まさにこのことなんですよね。
人間を知らなかったり、初めは可愛がられてたのに、いつのまにか放って
おかれたりして人間不信で心を閉ざしたウサギ。
手を出せば暴れたり、噛みついたり……で、ますます人間が離れてしまったり。
でも、チョコさんは噛まれても、引っかかれても、あきらめずに
ウサギの面倒をみて、暖かく優しく接していたのだと思います。
その愛情がウサギにも通じて、ウサギから寄り添ってくれたんですよね。
チョコさん素敵だなぁ、ウサギさん良かったなぁって思います。
やっぱり信頼と愛情は回復することできるんですよね。
このコメント読んで、嬉しかったです!
そしてやっぱり、一度離れた信頼を取り戻すのには、時間がかかるのだということも
分かりました。
でも、人間が諦めてはダメなんですよね。

もふもふさん、ありがとうございました。 
意見入れてくださって嬉しかったです(^-^)。
【 2013/05/26 】 編集
シオンパパさんへ
お返事遅くなりました。ごめんなさい。
先代シオンちゃんはそうでしたよね。でもシオンパパさんは最後まで
ちゃんとお世話されましたもんね。愛情もって。
今回は愛情がずっと続かなかったから起こったのかもしれませんが
ウサギに罪はないですよね。
「続き」の方で、チョコさんと言う方がコメントを入れてくださいました。
その内容をちょっと書かせてもらうと

> チョコを飼う何年も前に、母親の知り合いからもぉ飼えないとうさぎを
引き取ったことがあります。
毛並みはボサボサ、触ることもできず、手を伸ばすと噛みつき…
あちこち傷がたえませんでした。
半年くらいはそんな状態が続き、引き取ったことを後悔しはじめた時に
やっと近づいてきてくれました。
放置状態で、人間というものを知らなかったのだと思います

↑ きっと、みなさんが思っているのは、まさにこのことだと思います。
人間不信になって心を閉ざしたウサギ。
手を出せば暴れたり、噛みついたり……
でも、チョコさんは噛まれても、引っかかれても、あきらめずに
ウサギの面倒をみて、暖かく優しく接していたのだと思います。
その愛情がウサギにも通じて、ウサギから寄り添ってくれたんですよね。
チョコさん素敵だなぁ、ウサギさん良かったなぁって思います。
やっぱり信頼と愛情は回復することできるんですよね。
このコメント読んで、嬉しかったです!
そしてやっぱり、一度離れた信頼を取り戻すのには、時間がかかるのだということも
分かりました。
でも、人間が諦めてはダメなんですよね。
もう一度飼い主さんが向き合ってほしいなぁと思います

シオンパパさん、コメントいれてくださってありがとうございました(^-^)
【 2013/05/26 】 編集
ゆーしゃんさんへ
お返事遅くなりました。ごめんなさい。
私も、こいうことっていっぱいあると思います。
ご飯はあげる、爪切りやブラッシングもやる、でも愛情はないよってことも……
ウチもコロンは一か月と一週間でお迎えしました。
お迎え前に飼育本は読みましたが、実際飼ってないので細かいことまでは
考えてなかったです。生後一か月くらいで引き渡すのは免疫力もないし
いろいろ問題あることなど知らなかったです。
ただ、初めてウサギを飼う側としては(ウサギに限らないと思いますが)
小さい小さいベビーちゃんから飼いたいと思うし、やはり可愛いですよね。
今ならコロンと暮らして3年近くたつので、大きいウサギを見ても可愛いと
思いますが、初めてお店でコロンと出会ったときは、2、3か月経ったウサギ
は大きく感じ、手のひらサイズのコロンをやはりお迎えしたいと思いました。
飼ってみて初めてわかることがいっぱい出てきて、ウサギに対する愛情も
深くなるんだと思います。
「続き」の方で、チョコさんと言う方がコメントを入れてくださいました。
その内容をちょっと書かせてもらうと

> チョコを飼う何年も前に、母親の知り合いからもぉ飼えないとうさぎを
引き取ったことがあります。
毛並みはボサボサ、触ることもできず、手を伸ばすと噛みつき…
あちこち傷がたえませんでした。
半年くらいはそんな状態が続き、引き取ったことを後悔しはじめた時に
やっと近づいてきてくれました。
放置状態で、人間というものを知らなかったのだと思います

↑ きっと、みなさんが思っているのは、まさにこのことだと思います。
人間不信になって心を閉ざしたウサギ。
手を出せば暴れたり、噛みついたり……
でも、チョコさんは噛まれても、引っかかれても、あきらめずに
ウサギの面倒をみて、暖かく優しく接していたのだと思います。
その愛情がウサギにも通じて、ウサギから寄り添ってくれたんですよね。
チョコさん素敵だなぁ、ウサギさん良かったなぁって思います。
やっぱり信頼と愛情は回復することできるんですよね。
私はこのコメント読んで、嬉しかったです! 
悲しいウサギもいるけど、こういう人もいるんだ。救われるウサギもいるんだって。
一度離れた信頼を取り戻すのには、時間がかかるのですよね。
でも、もう一度飼い主さんが向き合ってほしいなぁと思います

ゆーしゃんさん、ご意見ありがとうございました(^-^)嬉しかったです。
【 2013/05/26 】 編集
さわさわっさんへ
お返事遅くなりました。ごめんなさい。
難しいですよね。そしてこういうウサギさんて、いっぱいいるのだと思います。
ほんとに、何もできなくて……
いいよ、ならばウチで引き取るよ!なんて言えればいいのにね。
「続き」の方で、チョコさんと言う方がコメントを入れてくださいました。
その内容をちょっと書かせてもらうと

> チョコを飼う何年も前に、母親の知り合いからもぉ飼えないとうさぎを
引き取ったことがあります。
毛並みはボサボサ、触ることもできず、手を伸ばすと噛みつき…
あちこち傷がたえませんでした。
半年くらいはそんな状態が続き、引き取ったことを後悔しはじめた時に
やっと近づいてきてくれました。
放置状態で、人間というものを知らなかったのだと思います

↑ きっと、みなさんが思っているのは、まさにこのことだと思いませんか?
人間不信になって心を閉ざしたウサギ。
手を出せば暴れたり、噛みついたり……
でも、チョコさんは噛まれても、引っかかれても、あきらめずに
ウサギの面倒をみて、暖かく優しく接していたのだと思います。
その愛情がウサギにも通じて、ウサギから寄り添ってくれたんですよね。
チョコさん素敵だなぁ、ウサギさん良かったなぁって思います。
やっぱり信頼と愛情は回復することできるんですよね。
このコメント読んで、嬉しかったです!
そしてやっぱり、一度離れた信頼を取り戻すのには、時間がかかるのだということも
分かりました。
でも、こっちが諦めてはダメなんですよね。
もう一度飼い主さんが向き合ってくれるといいなぁと思います

さわさわっさん、コメントありがとうございました。嬉しかったです(^-^)
【 2013/05/26 】 編集
へたうまさんへ
お返事おそくなりました。 ごめんなさい。
捨てウサギ、身近で聞いたことがないので実感ないのが正直なのですが
やっぱりあるんですよね。 
保護されて里親さんが見つかって、そのウサギさんは幸せでしたね。
たしかに、いろんな団体も捨てウサギであれば引き取っても
今、飼い主がいる場合は引き取りを拒否することがあると思います。
簡単には引き受けられないですものね。
軍手を使う方法は思いつきませんでした。 
ウサギに噛まれたり、爪を立てられたりすると恐怖を感じてしまうこと
あると思うのですよ。 私も怖いと思う事あります。
素手のほうがいいのかわかりませんが、軍手をすることで触れることが出き
爪切りに連れて行くことができるなら良いことだと思います。
「続き」の方で、チョコさんと言う方がコメントを入れてくださいました。
その内容をちょっと書かせてもらうと

> チョコを飼う何年も前に、母親の知り合いからもぉ飼えないとうさぎを
引き取ったことがあります。
毛並みはボサボサ、触ることもできず、手を伸ばすと噛みつき…
あちこち傷がたえませんでした。
半年くらいはそんな状態が続き、引き取ったことを後悔しはじめた時に
やっと近づいてきてくれました。
放置状態で、人間というものを知らなかったのだと思います

↑ きっと、みなさんが思っているのは、まさにこのことだと思うのです。
人間不信になって心を閉ざしたウサギ。
手を出せば暴れたり、噛みついたり……
でも、チョコさんは噛まれても、引っかかれても、あきらめずに
ウサギの面倒をみて、暖かく優しく接していたのだと思います。
その愛情がウサギにも通じて、ウサギから寄り添ってくれたんですよね。
チョコさん素敵だなぁ、ウサギさん良かったなぁって思います。
やっぱり信頼と愛情は回復することできるんですよね。
このコメント読んで、私は嬉しかったです!
そしてやっぱり、一度離れた信頼を取り戻すのには、時間がかかるのだということも
分かりました。
でも、こっちが諦めてはダメなんですよね。
もう一度飼い主さんが向き合ってくれるといいなぁと思います

へたうまさん、コメントありがとうございました。嬉しかったです(^-^)

【 2013/05/26 】 編集
きなこさんへ
お返事遅くなりました。ごめんなさい。
私も直接そのウサギさんを見たわけではないので、はっきり言えないのですが
親御さんが見られて爪が長いことを指摘してきたので、ご飯や掃除とか
他のことはやってるのかな?と思います。
きなこさんのお知り合いにも、いますか。
こういうウサギさん、多いと思うのです。
「続き」の方で、チョコさんと言う方がコメントを入れてくださいました。
その内容をちょっと書かせてもらうと

> チョコを飼う何年も前に、母親の知り合いからもぉ飼えないとうさぎを
引き取ったことがあります。
毛並みはボサボサ、触ることもできず、手を伸ばすと噛みつき…
あちこち傷がたえませんでした。
半年くらいはそんな状態が続き、引き取ったことを後悔しはじめた時に
やっと近づいてきてくれました。
放置状態で、人間というものを知らなかったのだと思います

↑ きっと、みなさんが思っているのは、まさにこのことだと思うのです。
人間不信になって心を閉ざしたウサギ。
手を出せば暴れたり、噛みついたり……
でも、チョコさんは噛まれても、引っかかれても、あきらめずに
ウサギの面倒をみて、暖かく優しく接していたのだと思います。
その愛情がウサギにも通じて、ウサギから寄り添ってくれたんですよね。
チョコさん素敵だなぁ、ウサギさん良かったなぁって思います。
やっぱり信頼と愛情は回復することできるんですよね。
このコメント読んで、私は嬉しかったです!
そしてやっぱり、一度離れた信頼を取り戻すのには、時間がかかるのだということも
分かりました。
でも、こっちが諦めなければ回復するのだと思います。
もう一度飼い主さんが向き合ってくれるといいなぁと思います

きなこさん、コメントありがとうございました。嬉しかったです(^-^)

【 2013/05/26 】 編集
たまるへ
たっぺ、私は力になれなかったと思うけど、こうして皆さんが意見をいれて
くださったのは良かったと思っています。
うさぎを飼っていないたっぺですから、やっぱりうさぎを飼ってる私に
情報求めてくるのはおかしいことじゃないよ。逆の立場なら私も聞くと思う。
たっぺがいっぱいそのウサギさんのこと、考えてくれたのはメールでも
わかりました。
同僚へいろんな事を言うのも辛かったりするかもしれないけど
たっぺが言ってくれたことが伝わるといいな、と思います。
「続き」の方で、チョコさんと言う方がコメントを入れてくださいました。
その内容をちょっと書かせてもらうと

> チョコを飼う何年も前に、母親の知り合いからもぉ飼えないとうさぎを
引き取ったことがあります。
毛並みはボサボサ、触ることもできず、手を伸ばすと噛みつき…
あちこち傷がたえませんでした。
半年くらいはそんな状態が続き、引き取ったことを後悔しはじめた時に
やっと近づいてきてくれました。
放置状態で、人間というものを知らなかったのだと思います

↑ このコメントを読んだ時、うれしくなりました。
ウサギを放置する人もいるけど、こうしてウサギを迎えてくれる人もいるのです。
たっぺはワンちゃんと暮らしてたし、猫ちゃん飼っているので、
ワンちゃん、猫ちゃんのこういう同じような話を聞くことあるよね。
きっとどんなペットでも、あり得る話しなんだと思います。悲しいけどね。
でも、こういう嬉しいことも現実あるし、もういちど息子さん夫婦が
ウサギさんに向き合って、信頼回復してくれないかなぁと願います。
良い結果が出るといいんだけどね。 
そのウサギさんの幸せを願おうね。
そして、自分たちの可愛い子は、最後まで一緒にいようね!
【 2013/05/26 】 編集
シロップさんへ
お返事遅くなりました。ごめんなさい。
きっとね、初めてウサギと出会ったときは、可愛くて愛情もあったと思うのですよ。
でも、いつのまにかその愛情がなくなってしまったのでしょうね。
本当に残念です。
でも、ウサギは変わらずそこにいるし、生きてるし、もう一度見つめて欲しいなと
願います。 
「続き」の方で、チョコさんと言う方がコメントを入れてくださいました。
その内容をちょっと書かせてもらうと

> チョコを飼う何年も前に、母親の知り合いからもぉ飼えないとうさぎを
引き取ったことがあります。
毛並みはボサボサ、触ることもできず、手を伸ばすと噛みつき…
あちこち傷がたえませんでした。
半年くらいはそんな状態が続き、引き取ったことを後悔しはじめた時に
やっと近づいてきてくれました。
放置状態で、人間というものを知らなかったのだと思います

↑ きっと、みなさんが思っているのは、まさにこのことだと思うのです。
人間不信になって心を閉ざしたウサギ。
手を出せば暴れたり、噛みついたり……
でも、チョコさんは噛まれても、引っかかれても、あきらめずに
ウサギの面倒をみて、暖かく優しく接していたのだと思います。
その愛情がウサギにも通じて、ウサギから寄り添ってくれたんですよね。
チョコさん素敵だなぁ、ウサギさん良かったなぁって思います。
やっぱり信頼と愛情は回復することできるんですよね。
このコメント読んで、私は嬉しかったです!
そしてやっぱり、一度離れた信頼を取り戻すのには、時間がかかるのだということも
分かりました。
でも、こっちが諦めなければ回復するのだと思います。
もう一度飼い主さんが向き合ってくれるといいなぁと思います
シロップさん、コメントありがとうございました(^-^)

【 2013/05/26 】 編集
チカチカさんへ
お返事遅くなりました。 
そうだよね~怒るよね。 腹たつよね。 
私もコロンの爪を切れません。 みのさんが切れる様になったので今はお任せです。
その前は病院へ連れて行って切ってもらってました。
ペットショップでも切ってくれるところあるし、ちょこっと連れていってほしいですよね。
「続き」の方で、チョコさんと言う方がコメントを入れてくださいました。
その内容をちょっと書かせてもらうと

> チョコを飼う何年も前に、母親の知り合いからもぉ飼えないとうさぎを
引き取ったことがあります。
毛並みはボサボサ、触ることもできず、手を伸ばすと噛みつき…
あちこち傷がたえませんでした。
半年くらいはそんな状態が続き、引き取ったことを後悔しはじめた時に
やっと近づいてきてくれました。
放置状態で、人間というものを知らなかったのだと思います

↑ きっと、みなさんが思っているのは、まさにこのことだと思うのです。
人間不信になって心を閉ざしたウサギ。
手を出せば暴れたり、噛みついたり……
でも、チョコさんは噛まれても、引っかかれても、あきらめずに
ウサギの面倒をみて、暖かく優しく接していたのだと思います。
その愛情がウサギにも通じて、ウサギから寄り添ってくれたんですよね。
チョコさん素敵だなぁ、ウサギさん良かったなぁって思います。
やっぱり信頼と愛情は回復することできるんですよね。
このコメント読んで、私は嬉しかったです!
そしてやっぱり、一度離れた信頼を取り戻すのには、時間がかかるのだということも
分かりました。
でも、こっちが諦めなければ回復するのだと思います。
もう一度飼い主さんが向き合ってくれるといいなぁと思います。
良い方向に行くこと願います。
チカチカさん、コメントありがとうございました(^-^)
【 2013/05/26 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL