FC2ブログ

コロン・コロンなウサギ

うさぎのポロンとコロ太郎&なっちゃんとみのさんの日々
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106
月別アーカイブ  【 2016年05月 】 

日は過ぎて……

コロンが旅立って、子供の日の今日6か月が過ぎました。
もう半年が過ぎたのですねぇ。
いつの間にか年も明け、今はもう5月……

P1190835.jpg


しばらくは泣いてばかりでした。
お家にいればコロンがここにいた足跡がいっぱい残っている。
壁紙をかじった跡、ドアや壁の端っこをガジガジした跡……
ウサギグッズを見てもコロンを思うし、
ブログを書こうと過去の写真を探すのがとっても辛い。
写真を見れば涙が出る。
動画を見れば涙が出る。
コロンはこんなに元気だったのに……
なんで死んじゃったんだろう……ってそう思う。

泣いてもいいと思う。
いっぱい泣いてコロンを思っていいと思う。
だから泣くんだけど、でも、ちゃんと泣けてない気もする。
なんだろうねぇ……


コロンがいる時は、コロンがお家にいるのが当たり前。
一緒に暮らしているのが自然なことで、
コロンがいないことなんて考えられない!……そう言っていた。
でも実際コロンがいなくなっても、私たちは生きているし生活は続いてる。

日常は何も変わらない。
コロンがいなくなっても、朝が来て夜になって、一日一日と日々は過ぎていき
私たちは生きている。
でも、これがきっと自然なこと。
例えば私が旅立ったとして同じこと。
私一人がいなくなっても、日常は何も変わらず過ぎていくはずだから。

コロンが亡くなったとき、ウサギさんを亡くされて見送ったことのあるうさ友さんで
「私は早く死んで会いたいとまで思いました」と、コメントを入れてくださった方がいます。
気持ちがとても良くわかりました。
きっと、愛する子を亡くした人は、その子のそばにいたい、と思うのでしょう。
でもそれはいけないことだし、亡くなった子たちも望みはしないでしょう。
うさ友さんも、「それは喜ばない。会える日まで頑張って生きていく!」と言っていました。
DSC_0507-2.jpg


コロンが亡くなった当時は、コメントに返事を書くことができませんでした。
皆様のブログへ遊びに行ってもコメントを残せませんでした。
書けるようになったのは1か月過ぎた頃でしょうか。
私が良く使う顔文字や、(笑)も使えるようになるのに時間がかかったし
辛い時には明るく楽しく出来ないのだと、わかりました。
でも、日が過ぎていくにつれ、落ち着いてきて泣くことも少なくなり
笑うことも増えていき、コロンの写真を見ても笑いかけることが出来るようになりました。
「日にち薬」という言葉がありますが
日を過ごして悲しみ苦しみが癒えていく……時間が癒してくれる……
本当にそう思いました。



コロンが亡くなったときのことや、火葬をした時の様子を以前ブログで書きました。
でも、コロンの最後の様子やそれ以前の状態など、書こうと思っても書けずにいました。
なんでしょうね。頭の中では文章が出来ているのに、パソコンに向かっても
その時のことが書けないのです。
違う内容のブログは書けても、あの時のことが書けない。
ムリして書くこと無いと思うよ。 ってうさ友さんが言ってくださいました。
本当にそうですよね。
でも、私は書きたいと思っていました。
区切りをつけたいというか……でも、この区切りとはコロンへの区切りではなく
これからのブログへの区切りだと思っているのです。
ブログを始めて、今までコロンのすべてを書いてきたわけではありません。
だから最後の姿など、書かなくても良い事だと思います。
でも、私は書いておきたい。 そう思っています。
でないと、このままブログを続けていくことに、どこかひっかかりがある。
すっきりしない。
私自身がこれからもブログを書いていくことへの区切り。そんな感じです。
そしてそれを書いたあとに、まだアップしていない、コロンとのお出かけや
思い出や、楽しい出来事をいっぱいいっぱい書いていきたいのです。

そして、やっと記事を書き始めました。
次回からアップしていきたいと思っています。
楽しい内容ではないと思いますが、よろしければ読んでください。



コロンは今どこにいるのでしょうか?
今もお家にいるのでしょうか? 
時々カタって音がしたりすると、それがコロンが生前いた場所からだったりすると
コロンがいるのかと、コロン!って呼びかけたりします。
でも……コロンの姿は見えない。 感じることも出来ない。
もうお家にはいないのか、気づかないだけで私の横にいてくれるのか……
P1210436.jpg


空へ旅立った子は、ずっと空にいるのでしょうか?
それとも生まれ変わって、また私たちのいるこの世界へ戻ってくるのでしょうか?



愛する子が旅立って、そのあとに新しい家族をお迎えする方も多いですよね。
新しい子と出会ったとき、この子だ!この子は、あの子の生まれ変わりだ!って
思う出会いをされてる方もいますよね。
夢で導かれたり、お店で不思議なご縁で出会えたり……
それはきっと、あの子の魂が入った子だったり、あの子が導いてくれたご縁なのでは
ないかと思います(*^-^*)  とっても素敵なことですよね。

だけどその一方、そんな出会いがない事も、また多いでしょう。


生まれ変わる時、コロンは果たしてまた同じウサギになるのでしょうか?
ウサギはウサギとして生まれ変わるのでしょうか?

そんなことはないですよね? 人間だって来世は動物なのかもしれない。
コロンも猫や犬や鳥なのかもしれないし、
もしかしてライオンとか野生動物なのかもしれない。
そして、もしかしたら人間の赤ちゃんとして生まれ変わるのかもしれない。

いつ生まれ変わるのでしょうか? 
もうこの世に生まれてるのか? それとも一か月後? 一年後? 十年後?
私たちが死んだ後に生まれ変わることだってあるのかもしれない。
私たちが生きてる間、もうコロンと再会することは出来ないかもしれない。
何より、生まれ変わったコロンと、私たちが必ず出会える保証はない。
DSC_0359.jpg


それでも……
新しい子をお迎えしたいと、私たちも考えています。
みのさんは絶対ウサギだと言います。
ご縁があれば、この子だね、って思える子と出会えればお迎えします。
でも、その子がコロンの生まれ変わりとは限らない。
そう思っています。

コロンがウサギとして生まれ変わったら、また私たちのもとへ
来てくれるのでしょうか?
ウサギだったとしても、犬や猫だったとしても、
私たちはその子がコロンとわかるのでしょうか?
もし、人間の赤ちゃんだったとしたら?
悲しいけど、私たちの間にもう赤ちゃんが生まれてくることはない。
人間として生まれてきたら、もう会うことはないのでしょう。


コロンが幸せになるのなら、それがまた生まれ変わってくることならば
コロンにはこの世に生まれてきて欲しい。
出来ることなら、私たちのもとへ来て欲しい。
そして、前よりもっともっと幸せになって欲しい。
私たちが幸せにしてあげたい。

でも、私たちのもとへ来ることが叶わないのなら
どうか、優しい飼い主さんの元へお迎えされて欲しい。
優しいお父さんとお母さんのもとへ生まれてきて欲しい。
そして、私たちと一緒にいたときより、
もっともっと、ずっとずっと幸せになって欲しい。


コロン、コロンはいっぱいいっぱい幸せになっていいんだよ。
幸せになるために、生まれてきていいんだよ(*^-^*)


どんな形で生まれ変わっても
コロンが幸せになることを、私とみのさんは願っているからね。
ずっとずっと願っているからね。
P1210028.jpg


by なっちゃん



PS.こんな内容のブログですが、私は元気ですよ(*^-^*)
   大丈夫、ちゃんと前を向いてます。
   だからこそ、コロンの最後を書くことが出来るのだと思います。  
   辛かった当時は、何も書くことが出来ませんでしたから…。
   でも、この後のブログも決して楽しいことではないはずで、
   なので、よろしければ読んでくださいね。
   私もみのさんも大丈夫です! ありがとう(*^-^*)


ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト



【 2016/05/05 】 コロンの旅立ち | TB(0) | CM(31)