コロン・コロンなウサギ

うさぎのポロンとコロ太郎&なっちゃんとみのさんの日々
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

コロン・6歳誕生日(お空で6歳)

5月26日 今日はコロンの誕生日です(*^-^*)

生きていたら6歳になります。
今はお空にいるから、コロンは永遠に5歳なんだよね。
ウサギの5歳は人間でいえば46歳くらい。
6歳になると52歳。
今年のコロンは私の年齢を追い越すことになったんだなぁ。
私より年上だよ~!って、からかってあげるつもりだったのに(笑)
お空に行っちゃった。 もう私の年を越すことはないんだね。
もっと一緒に年を取っていきたかったなぁ。
でも、コロンはまだまだヤング(笑)のつもりだから、私が人間でいったら
52歳だよ!って言っても、ムシしただろうなぁ^m^


コロン、お祝いだよ~! ご馳走食べに帰っておいで!

お空でもお祝いしてるだろうけど、お家でもお祝いしたいよね。

ということで~コロンへのお祝いを準備、準備!
5月に入って出回りはじめた、ひまわりの花。
買ってきましたよ~。 ひまわり、いいね!
ひまわりって元気になれる花ですよね(*^-^*)
5P1240490.jpg

5P1240471.jpg

でも、きっとコロンは花より団子(笑) ご馳走の方が気になるはず。
どんなご馳走がいいかな~?って思ったけど
バナナを丸ごとあげることにしました^m^
お祝いの文字を刻んでね。
バナナ大好きだったコロン。いつもは少ししかあげられなかったけど
今なら好きなだけ食べてもいいよね。
5P1240482.jpg

それから、みのさんがマンゴーを買ってきました。
なんと! みやざき完熟マンゴー! (@_@)
大きいし、手にしただけで、甘い香りが漂ってくる。
果汁たっぷり。  すっごくおいしそう!
値段も高い! 私、こんな高いフルーツ買ったことない(笑)
(といっても、数万円するようなお値段ではないです。
 ウチにとってはお高い値段なのです)
5P1240473.jpg
5P1240478.jpg

でも………マンゴー? なぜにマンゴー?
だって、コロンはマンゴー食べないんだよ?
昨年のコロンの誕生日、みのさんが買ってきてくれたマンゴー
全く食べてくれなかったんだよ?  ブログ→ 
コロンは果物大好きで、いろんな果物食べたけど
マンゴーだけは食べなかったのに~(;゚Д゚)
ま、いっか(笑) 今年は去年とは違うもの、甘くてトロけるはず。
今年は食べるかもしれないよね。
-25P1240483.jpg
5P1240485-2.jpg




ただいま~コロン帰ったでしゅよ~!
5P1140759.jpg

おかえり、コロン! 待ってたよ~(*^▽^*) 
どう? お空で毎日元気にしてる?


してましゅよ。 お空はとっても過ごしやすいでしゅ。
いつも青空で、温度もちょうどいいし、緑もいっぱいでしゅよ~。
ウサギのお友達もいっぱいでしゅ。
みんなでお仕事して会議もして~大変な時もあるけれど
コロン元気に過ごしてましゅ。

5P1140902.jpg

そっか~良かった。 
でも、お家も楽しいでしょ? 今日はゆっくりしていってね。

コロン、6歳のお誕生日おめでとう!(*´▽`*)
お誕生日のご馳走だよ!

5P1240481.jpg

わーありがとうでしゅ。 
バナナ丸ごとでしゅか! 丸ごとなんて、コロン嬉しいでしゅ!
ありがとうでしゅ、なっちゃん、みのさん。
コロン、いっぱい食べるでしゅよ。

5P1140753.jpg

良かった。いっぱい食べてね。

ん? ……これ、なんでしゅか?
5P1140763.jpg
5P1240487.jpg

マンゴーだよ。

マンゴー? なんで? なんでマンゴー?
5P1140764.jpg

あ~、昨年食べなかったんだよね(^^;)
でも、今年もみのさんが買ってきたんだよ。
でもね、今年のマンゴーは違うんだよ。 宮崎産の完熟マンゴーなんだよ。
おいしそうでしょう? あまーーい香りがするでしょう? 
どう?少しは食べてみたら? マンゴー美味しいよ(*^-^*)
もう2度と、お目にかかれないかもしれないよ?(笑)


嫌でしゅ! コロン食べないでしゅ!
みのさんヒドイでしゅ。 コロンマンゴー食べないのに~。
昨年のリベンジするなんてヒドイでしゅ!
みのさんなんて、知らない!

5-20130622_003541.jpg
あらら~? コロンが怒っちゃいましたよ(;^ω^)
なんか、お店でイチゴがなかったらしいんですよ。 
だから、お高いマンゴーを買ってきたみたいなんですけどね。
コロンが食べてくれなくちゃダメなのにね~。

この後、みのさんが謝ったので、コロンも許してあげたみたいです^m^
15P1140336-52.jpg

5P1140657.jpg

みのさんに怒ったコロンですが、マンゴーはしばらく置いておいたので
きっと後でこっそり、一口くらい食べたんじゃないかと思います( *´艸`)
みのさんが、コロンのために買ってきたマンゴーだもん。美味しいはずだもん。


食後は、いつものようにゴロンチョです。
5P1140308-5.jpg
コロンね~、食後は眠くなるでしゅよ。


眠いねコロン。  食後に眠くなるのは、なっちゃんと同じだね(笑)
5P1140314-5.jpg

ゆっくりおやすみ、コロン。
ゆっくりゆっくり、休んでいってね(*^-^*)



by なっちゃん

ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ



 

スポンサーサイト
【 2016/05/26 】 コロン誕生日 | TB(0) | CM(41)

鳴いたコロン

うさぎには声帯がありません。 
声を出すことが出来ません。

でも、全く声を出さないというこはありません。
声帯がないので、犬や猫のようには鳴かないのですが、怒った時や嬉しい時、
リラックスしている時、興奮している時なども短い声を出します。
鼻を鳴らしたり、喉を鳴らしたりと音を出すのです。
コロンの場合であれば、怒っていたり不満があったりしたときは
ウッ、ウッ、という短い声を出していました。
それで、あ~怒ってるんだな、ってわかることが多かったです。
逆にいっぱいナデナデされて気持ち良い時なども、短く鳴くウサギも
いっぱいいます。 ついつい声が出ちゃう?って感じでしょうか。
少し前にお友達のアレックス君が、ハーブボールでマッサージをしてもらってる時
気持ち良くて、クゥ、クゥ、って声を出していましたが → ブログ☆
(背景に大きな音が入っていて、アレックス君の声が聞きづらいかな)
そんな風に、優しい声を出す時もあるのです。
でも、普段、大声を出すということはないと思います。

そんなウサギが、旅立つときに鳴くという話しを何度か
聞いたことがあります。
鳴かないウサギが、最後に何と言ったのでしょうか………



コロンは旅立つ前に、キュ~!と声をあげました。
とても大きい声でした。

コロンはあの日、病院から帰ってきてから力なく、ずっと横たわっていました。
急性腎不全と診断され、もう起き上る力もないといった感じでした。
それでも何度か立ち上がることもあり、そのたび私とみのさんは、元気が出てきた?
良くなってる?って期待したものですが、尿も糞も出ていないコロンは
辛くて苦しくて立ち上がったのではないかと思います。
P1210224.jpg

夜が過ぎ、夜中の3時頃になりました。 
コロンの様子は変わらず、私は何も出来ずただコロンの横にいるだけでした。
頑張ろうね、コロン。って、ナデナデして声をかけるだけでした。
朝がくれば、夜が明ければ良くなるんじゃないか!って、そんな期待をしていました。

平日だったので、みのさんには仕事があります。
3時を過ぎたので、みのさんには寝室へ行って寝てもらうことにしました。
私はコロンのとなりに簡単に寝る場所を作り、横になりました。
コロンは落ち着いていました。 というより、容態は変わらずでした。

私はコロンのとなりで、ウトウトしていました。
どれくらい時間がたったのか、4時くらいだったと思います。

突然コロンが立ち上がりました。 動きました。
私はすぐに起き上ることができなくて、コロン?どうした?って
横になったままコロンに手を差し出し、コロンを見ていました。
ちょっと様子が違います。 どうした、コロン? 私は起き上りました。

コロンはケージの前で横たわっていましたが、立ち上がってウロウロし、
ケージの左側まで歩いていきました。
そして、そこでバッタリと倒れたのです。

手足を前に突き出し、それがピクピクと震えました。
ケイレンしたのだと思います。

病院から家へ連れてくるとき、先生にケイレンが出るかもしれません。
と言われました。
ちょっとはっきり覚えてないのですが、ケイレンが出たら危ないという
ようなことを言われたような気もします。

なので、私はとても驚きました。
一瞬にして頭の中にいろんなことが思い浮かびました。
手足をピクピクしているコロンを抱き上げてもいいのだろうか?
このままヘタに触らないほうが良いのだろうか? わかりません。

すると、コロンが キューー! と大きく鳴きました。
私はとっさにコロンを抱き上げました。

そして、コロンはもう一度、大声でキュー!と鳴きました。

私はコロンを抱きしめ、大声でみのさんを呼びました。
みのさんは寝室にいましたが、私の声に飛び起き
すぐにこちらへやって来ました。

私はコロンを抱きしめ、大丈夫だよ! 大丈夫だからねコロン! 
怖くないからね! って言いました。


そしてコロンは、キュー!キュー!キュー! って3回鳴きました。

大きな声で、3回鳴きました。


そして、私の腕の中で息を引き取ったのです。


コロンは5回鳴きました。
コロンはなんて言ったのでしょうか?



前にも一度書きましたが
コロンの3日前に亡くなったお友達ウサギの、コロ助くん。
コロ助くんも亡くなる時、大きな声で3回鳴いたのだそうです。
飼い主のうさささんは、お別れを言ってくれたのだろうと言っていました。
私もそう思います。 
とっても可愛がられていたコロ助くん。
きっとうさささんに、ありがとう!大好きだよ!って、お別れを言ってくれたに違いありません。

でも、コロンは?
コロンはお別れを言ってくれた?苦しんでいたのにお別れを言ってくれたの?

コロンの最後の声はとても大きく、充血した目を大きく見開いていました。
あの時は私も夢中だったけど、後から思ったのです。
もしかして、コロンは最後に苦しいよ! 助けてよー!って、
なっちゃん、助けてよー!って、そう叫んだのではないのか?………と。

私はコロンのあまりにも大きな、のどから振り絞るような声が
断末魔の叫びのように聞こえて、それはコロンの苦しみの叫びだったのでは
ないか?と思ってしまったのです。
最後までコロンを苦しませてしまった。
安らかに眠らせてあげることができなかった。 
なんてことをしたんだろう!


それを うさささんに話しました。
うさささんは、それは違うよ。って言ってくれました。

コロンちゃんは苦しくて鳴いたんじゃないよ。
ウサギが最後に鳴くのは苦しいからじゃないんだよって。

コロ助くんは痛み止めを飲んでいたので、亡くなる時痛みを感じていなかった
はずだと言います。
そのコロ助くんがコロンと同じように3回鳴いたのです。
ということは、それは痛みで鳴いたのではない。
だから、コロ助と同じように鳴いたコロンちゃんは、痛くて鳴いたのではなく
コロ助と同じようにお別れを言ってくれたんだよ。
って、うさささんはそう言ってくれたのです。

うさささんの優しい言葉。 涙がこぼれました。
そうなのでしょうか? そう思ってもいいのでしょうか。
そうだったらどんなに嬉しいことでしょう。



最近になってね、ウサギの声帯をちょっと検索してみたらね、
ウサギが高くて大きい声を出して鳴く場合は
恐怖を感じた時や、病気で苦しい時に出す悲鳴といってもいいでしょう、
ってありました。
激しく「鳴く」時は相当な苦痛がある時です、というのもありました。

やっぱりそうだったのかな。 
だって、コロンは苦しかったはず。辛かったはず。
最後の最後でとても苦しくて、だから、コロンは鳴いたのかな……
そして……コロンは自分がもう逝くのだと、それがわかったのかもしれない。
だから怖くて鳴いたのかもしれない……



なぜウサギは鳴くのでしょうか。 
ウサギは何と言っているのでしょうか。
ウサギの最後の言葉。 それは何なのでしょうか。




亡くなるときに、ずべてのウサギが鳴くわけではありません。
眠るように静かに旅立つ子もいるし
穏やかに最期を迎える子もいっぱいいるのです。

でも、亡くなる前にキューと鳴くというのも良く聞く話しで
それも3回鳴くというのです。
不思議だよね、なぜ3回鳴くのかしら。

鳴くその声も、きっと色々あるのでしょう。
コロンのように大きな叫び声のようだったり、
優しく小さくキューと鳴く、そんなこともあるのでしょう。

そして、コロンのように最後に起き上って、部屋を走ったり歩いたり
動き回る子もいると聞きます。
力なく寝ていたウサギが、最後に立ち上がるのです。

強い痛みで耐えられなくて走り回って、最後は痛みで心臓麻痺で
亡くなるのではないか、という話しも読みました。
それは事実かもしれません。

ウサギは自分の弱さを見せない動物。
死ぬ直前まで頑張って、その兆候を全く見せないウサギも実際多いのだそうです。
だから死ぬ時も、大丈夫だよ、ほら、元気に動けるんだよって
その姿を私たちに見せてくれたのかもしれないって……
そんなふうに話されている方もおりました。

そうかもしれません。
本当に病気で辛いときも、いつもと同じように過ごしているように見せたり
眠っているようにジッと動かずにいて、苦痛を訴えないウサギ。
だからこそ、私たちがそんなウサギをちゃんと見ていて
少しの異変でも気づいてあげなければならないのです。
私もそうすべきだったのに……気づいてあげられなかった。
ごめんね、コロン。 苦しませてゴメンネ。



でも、痛みや苦しみがあったとしても、最後にお別れを言ってくれるウサギも
また多いのだと思います。
不思議だけど、ウサギは自分で死期がわかっていて、自分が旅立つことが
わかっていて、だから最後に私たちに挨拶をしていく、それもあるのです。
私たちにはその子が死んでしまうなんてわからない。
だからその時は気づかなくても、後になってわかる。
あれは、あの子の最後の挨拶だったのだと。

そんな時、きっとあの子たちは言っている。
「ありがとう」って。
育ててくれてありがとう。いっぱい可愛がってくれてありがとう。
いつも一緒にいてくれてありがとう。 大好きだよ。
きっとそう言っている。 



5回鳴いたコロン。 なんて言ったのか、本当のことはわからないけど……

コロンが倒れて一回目に鳴いたのは、なっちゃん! と私を呼んだのかもしれません。
2回目に鳴いたのは、みのさん! と呼んだのかもしれません。
そして、最後に3回鳴いたのは、
私たちに、お別れを言ってくれた……そんな風にも思います。


コロンをお家で看取ることが出来たこと、
コロンが私の腕の中で逝ってくれたこと、それがせめてもの救いです。
私にとっての救いです。


虹の橋へ旅立ったコロンは、今では痛みも苦しみもなく元気になって
お友達と一緒に野原を走り回っているのだと思います。
もう苦しい鳴き声を出すことはないよね。
そう祈っているよ、コロン。
P1150099.jpg


by なっちゃん

ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ





【 2016/05/14 】 コロンの旅立ち | TB(0) | CM(30)

日は過ぎて……

コロンが旅立って、子供の日の今日6か月が過ぎました。
もう半年が過ぎたのですねぇ。
いつの間にか年も明け、今はもう5月……

P1190835.jpg


しばらくは泣いてばかりでした。
お家にいればコロンがここにいた足跡がいっぱい残っている。
壁紙をかじった跡、ドアや壁の端っこをガジガジした跡……
ウサギグッズを見てもコロンを思うし、
ブログを書こうと過去の写真を探すのがとっても辛い。
写真を見れば涙が出る。
動画を見れば涙が出る。
コロンはこんなに元気だったのに……
なんで死んじゃったんだろう……ってそう思う。

泣いてもいいと思う。
いっぱい泣いてコロンを思っていいと思う。
だから泣くんだけど、でも、ちゃんと泣けてない気もする。
なんだろうねぇ……


コロンがいる時は、コロンがお家にいるのが当たり前。
一緒に暮らしているのが自然なことで、
コロンがいないことなんて考えられない!……そう言っていた。
でも実際コロンがいなくなっても、私たちは生きているし生活は続いてる。

日常は何も変わらない。
コロンがいなくなっても、朝が来て夜になって、一日一日と日々は過ぎていき
私たちは生きている。
でも、これがきっと自然なこと。
例えば私が旅立ったとして同じこと。
私一人がいなくなっても、日常は何も変わらず過ぎていくはずだから。

コロンが亡くなったとき、ウサギさんを亡くされて見送ったことのあるうさ友さんで
「私は早く死んで会いたいとまで思いました」と、コメントを入れてくださった方がいます。
気持ちがとても良くわかりました。
きっと、愛する子を亡くした人は、その子のそばにいたい、と思うのでしょう。
でもそれはいけないことだし、亡くなった子たちも望みはしないでしょう。
うさ友さんも、「それは喜ばない。会える日まで頑張って生きていく!」と言っていました。
DSC_0507-2.jpg


コロンが亡くなった当時は、コメントに返事を書くことができませんでした。
皆様のブログへ遊びに行ってもコメントを残せませんでした。
書けるようになったのは1か月過ぎた頃でしょうか。
私が良く使う顔文字や、(笑)も使えるようになるのに時間がかかったし
辛い時には明るく楽しく出来ないのだと、わかりました。
でも、日が過ぎていくにつれ、落ち着いてきて泣くことも少なくなり
笑うことも増えていき、コロンの写真を見ても笑いかけることが出来るようになりました。
「日にち薬」という言葉がありますが
日を過ごして悲しみ苦しみが癒えていく……時間が癒してくれる……
本当にそう思いました。



コロンが亡くなったときのことや、火葬をした時の様子を以前ブログで書きました。
でも、コロンの最後の様子やそれ以前の状態など、書こうと思っても書けずにいました。
なんでしょうね。頭の中では文章が出来ているのに、パソコンに向かっても
その時のことが書けないのです。
違う内容のブログは書けても、あの時のことが書けない。
ムリして書くこと無いと思うよ。 ってうさ友さんが言ってくださいました。
本当にそうですよね。
でも、私は書きたいと思っていました。
区切りをつけたいというか……でも、この区切りとはコロンへの区切りではなく
これからのブログへの区切りだと思っているのです。
ブログを始めて、今までコロンのすべてを書いてきたわけではありません。
だから最後の姿など、書かなくても良い事だと思います。
でも、私は書いておきたい。 そう思っています。
でないと、このままブログを続けていくことに、どこかひっかかりがある。
すっきりしない。
私自身がこれからもブログを書いていくことへの区切り。そんな感じです。
そしてそれを書いたあとに、まだアップしていない、コロンとのお出かけや
思い出や、楽しい出来事をいっぱいいっぱい書いていきたいのです。

そして、やっと記事を書き始めました。
次回からアップしていきたいと思っています。
楽しい内容ではないと思いますが、よろしければ読んでください。



コロンは今どこにいるのでしょうか?
今もお家にいるのでしょうか? 
時々カタって音がしたりすると、それがコロンが生前いた場所からだったりすると
コロンがいるのかと、コロン!って呼びかけたりします。
でも……コロンの姿は見えない。 感じることも出来ない。
もうお家にはいないのか、気づかないだけで私の横にいてくれるのか……
P1210436.jpg


空へ旅立った子は、ずっと空にいるのでしょうか?
それとも生まれ変わって、また私たちのいるこの世界へ戻ってくるのでしょうか?



愛する子が旅立って、そのあとに新しい家族をお迎えする方も多いですよね。
新しい子と出会ったとき、この子だ!この子は、あの子の生まれ変わりだ!って
思う出会いをされてる方もいますよね。
夢で導かれたり、お店で不思議なご縁で出会えたり……
それはきっと、あの子の魂が入った子だったり、あの子が導いてくれたご縁なのでは
ないかと思います(*^-^*)  とっても素敵なことですよね。

だけどその一方、そんな出会いがない事も、また多いでしょう。


生まれ変わる時、コロンは果たしてまた同じウサギになるのでしょうか?
ウサギはウサギとして生まれ変わるのでしょうか?

そんなことはないですよね? 人間だって来世は動物なのかもしれない。
コロンも猫や犬や鳥なのかもしれないし、
もしかしてライオンとか野生動物なのかもしれない。
そして、もしかしたら人間の赤ちゃんとして生まれ変わるのかもしれない。

いつ生まれ変わるのでしょうか? 
もうこの世に生まれてるのか? それとも一か月後? 一年後? 十年後?
私たちが死んだ後に生まれ変わることだってあるのかもしれない。
私たちが生きてる間、もうコロンと再会することは出来ないかもしれない。
何より、生まれ変わったコロンと、私たちが必ず出会える保証はない。
DSC_0359.jpg


それでも……
新しい子をお迎えしたいと、私たちも考えています。
みのさんは絶対ウサギだと言います。
ご縁があれば、この子だね、って思える子と出会えればお迎えします。
でも、その子がコロンの生まれ変わりとは限らない。
そう思っています。

コロンがウサギとして生まれ変わったら、また私たちのもとへ
来てくれるのでしょうか?
ウサギだったとしても、犬や猫だったとしても、
私たちはその子がコロンとわかるのでしょうか?
もし、人間の赤ちゃんだったとしたら?
悲しいけど、私たちの間にもう赤ちゃんが生まれてくることはない。
人間として生まれてきたら、もう会うことはないのでしょう。


コロンが幸せになるのなら、それがまた生まれ変わってくることならば
コロンにはこの世に生まれてきて欲しい。
出来ることなら、私たちのもとへ来て欲しい。
そして、前よりもっともっと幸せになって欲しい。
私たちが幸せにしてあげたい。

でも、私たちのもとへ来ることが叶わないのなら
どうか、優しい飼い主さんの元へお迎えされて欲しい。
優しいお父さんとお母さんのもとへ生まれてきて欲しい。
そして、私たちと一緒にいたときより、
もっともっと、ずっとずっと幸せになって欲しい。


コロン、コロンはいっぱいいっぱい幸せになっていいんだよ。
幸せになるために、生まれてきていいんだよ(*^-^*)


どんな形で生まれ変わっても
コロンが幸せになることを、私とみのさんは願っているからね。
ずっとずっと願っているからね。
P1210028.jpg


by なっちゃん



PS.こんな内容のブログですが、私は元気ですよ(*^-^*)
   大丈夫、ちゃんと前を向いてます。
   だからこそ、コロンの最後を書くことが出来るのだと思います。  
   辛かった当時は、何も書くことが出来ませんでしたから…。
   でも、この後のブログも決して楽しいことではないはずで、
   なので、よろしければ読んでくださいね。
   私もみのさんも大丈夫です! ありがとう(*^-^*)


ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【 2016/05/05 】 コロンの旅立ち | TB(0) | CM(31)