コロン・コロンなウサギ

うさぎのポロンとコロ太郎&なっちゃんとみのさんの日々
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

コロン・3歳誕生日

今日はコロンの3歳の誕生日
おめでとう、コロン(^-^)
元気でこの日を迎えてくれて嬉しいよ。



コロンは今日で3歳です。
3年前の今日、コロンは生れたんですよね。
ウサギの赤ちゃん、小さいよね~。 生れたてなんて小指くらいしかないのかな?
毛だってまで生えてないもんね。
お母さんのおっぱい、一生懸命吸ってたんだろうなぁ。

コロンは生後1カ月で店頭に出ました。
私達はウサギをお迎えしようと考え始めて、ネットでいろいろ見ていて
このお店も知りました。 
一ヶ月のウサギさんがデビューするというのを知って、お店に向かいました。
小さい小さいコロン。今でも覚えています。
同じ日にデビューした他のウサギさんと、箱の中に入っていました。
みんな手のひらサイズなのです。
触ってもいいですか?とお店の人に聞いて、そっとおでこをナデナデ。
25-3sai1.jpg


ウチのはじめの希望はね、オレンジの仔だったんです。
でもね、オレンジの仔がね、私がおでこに触れようとすると、ビクッ!っとしたのです(笑)
もう一人のオレンジの仔もそうでした。兄弟かな?
慣れるのでしょうが、ナデナデするたびにビクっとされても困るな~
と思い、オレンジちゃんは諦めることに。
そして、オレンジに似た色のコロンもナデナデしたら、首をあげて受け入れてくれました。
カワイイ~。
もう、色はどうでもよくなりました(笑)
小さい小さいコロン。この仔にしよう。決めました。
ちなみに、良く分からないのですが、コロンの色はイエローだそうです。
25-3sai3.jpg


もう一週間、母親と過ごさせた方が良い、と言われたので
一週間後にお迎えに来る事にしました。 
その一週間の待ち遠しかったこと(笑) 
ウチにもウサギさんが来るのです!


一週間後にお迎えに行きました。 
キャリーに入れて電車やバスを乗り継ぎお家にやってきました。
小さい小さいコロン。
生後一ヶ月と一週間でお母さんと離れて我が家に来てくれたのです。
これからは私とみのさんが、お母さんとお父さんです。
元気に育ってほしい、大きくなって欲しい、そう思いました。
25-3sai2.jpg
25-3sai4.jpg

そして……今ではコロンはこんなに大きくなりました~!\(^o^)/
25-3sai5.jpg
大きくなりすぎなんですがね(笑)
元気だからいいよね!


さぁ、コロン。 ご馳走食べよう!

昨年の2歳の誕生日の時は、数字の「2」のクッキーを買ってきて
お野菜にトッピング。 当然、クッキーは人間用なので、食べたのは私達(笑)
みなさんは、ウサギさんの誕生日には、ちゃんとニンジンで数字を作ったりと
手をかけてますよね。 
ウチも今年は何かしなきゃダメかな~? 「3」を作る? ムリでしょう!(笑)
でもね、今年の誕生日には、コロンに作ってあげたいものがあったのです。
それはこちらの「ロウソク」
キュウリとニンジンで作ってあります。
25-3SAI11.jpg


これは昨年ろでぃといっしょの ろでぃくんの誕生日に
のゆきさんの旦那様が手づくりされたもの。
これ見て「かわいい~ちゃんとロウソクだ~!」って感動。
来年はコロンにも作ってあげたいと、のゆきさんにマネしていい?って
聞いたら、どうぞ作って~って言ってくださったので、作っちゃいました。

すごいでしょ? ちゃんとロウソクでしょ?
作った、のゆきさんの旦那様、ほんとにすごいと思います。
これね、難しいのです。 キュウリの部分はまぁいいとして
ニンジンの炎が難しい!
はじめ私が作っていたのですが、うまくいかず、みのさんと交代。
炎はみのさんが作ってくれました。
キュウリに刺さるように下の方はとがらせているんだけど
これが難しいのですよ。
 
キュウリをろうそくのように切って、ニンジンを炎の形に切って、差し込んだの。
ウフフ~ロウソクに見えるよね?(笑)(奥の赤いのはアメリカンチェリーです)
これを、今年はお野菜にトッピング。
3歳なので、3本。 かわいい~!
25-3SAI12.jpg


25-3SAI13.jpg
お野菜はチンゲンサイ、ワイルド・ストロベリー、ニンジン葉。
ワイルド・ストロベリーとニンジン葉は、ぼたん母さんにいただいたもの。
(後日、ちゃんとご紹介したいと思います)
ニンジン葉ね~コロン大好きなんだよ。 差し出した瞬間に食いつきます(笑)
今日も、せっかくのなっちゃん手作りロウソクを無視して、
ニンジン葉から食べましたよ~(^_^;)
良かったね。 美味しいね。


その後……迷ってチンゲンサイを食べました。
ロウソク食べないの~?って思ってたら……食べてくれました!
良かった~。

25-3SAI14.jpg



美味しく食べてくれました(*^^)v
25-3SAI15.jpg


これは、みのさんからの誕生日プレゼントです!…似合うでしゅか?
2013春誕生日プレゼント



コロンはこの一年も、きっと元気で過ごしてくれるでしょう。
4歳、5歳、10歳と元気で誕生日を迎えてくれると信じます。
なんなら、15歳、20歳と長生きしてほしいよね!
その頃は、なっちゃんはおばあちゃんかな?
コロンもおばあちゃんだよね (^-^)
おばあちゃん同士でさぁ、日向ぼっこするのいいんじゃない?
二人でお茶でも飲みながら、のんびりお話しようよ!
あっ、みのさんも仲間に入れてあげようね!(笑)


ねぇ、コロン。 ずっと一緒にいようね。大好きだよ!
お誕生日おめでとう(^-^)



ありがとうでしゅ。 コロン3歳でしゅね~
25-3sai6.jpg

そうだよ~人間で言ったらね、34歳なんだって。
 
34歳? 中年じゃないでしゅか! コロンもうそんな年なの~?25-3sai7.jpg

中年? し、失礼な! 34歳なんていったら、まだまだ若いじゃん!
30代の人に怒られちゃうよ~(>_<)(笑)
なっちゃんなんて……今、それよりひと周り上なんだからね!


でも~コロンまだまだ若いでしゅよ。
今がとっても楽しいでしゅ! 
お顔コシコシもして~おしゃれもいっぱいするでしょよ。
だって女の子だもん!
25-3sai8.jpg
25-3sai9.jpg


そうだね~まだまだこれからだよね。
この一年も楽しく元気に過ごそうね! ね、コロン

25-3sai10.jpg


by なっちゃん


ブログランキングに参加しています。ポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

かお


スポンサーサイト
【 2013/05/26 】 コロン誕生日 | TB(0) | CM(73)

ウサギの保護について・続き

前回の記事に、コメントを入れてくださった皆様、ありがとうございました。
また、情報はないからコメントいれられない!と思い、でも気にかけてくださった
方も多いかと思います。ありがとうございました。

保護や団体について知っています、という情報はなかったのですが
それはこのブログを見に来て下さる方々に、こういった情報が必要ないから
だと思うのです。
保護団体やボランティアの方々の尊い活動は、ウサギ飼いとして知っておいて良い
ことだと思いますが、実際自分に必要なければ知らずに終わってしまうのかも
しれません。
なので、お役に立てないと皆様言ってくださいましたが、それで良いのだと思います。
少なくとも皆様は、今自分のそばにいるウサギさんについては
何があっても一生面倒見る、手放さない!と思っているということですものね。

また、このブログを読んで、わざわざネットなどで調べてくださった方もいました。
こういうウサギさんもいると、お話ししてくださった方もいました。
わざわざ自分のお友達に「ウサギ飼わない?」と声をかけてくださった方もいました。
皆様、私よりもいっぱいいっぱい考えてくださっていました。
本当にありがとうございます。 そのお気持ちに心から感謝です <(_ _)>


皆様は、言葉を選んでコメント入れてくださいましたね。
ありがとうございます。
私の友達経由の話ですから、気を使ってくださったのだと思います。
だって、本当だったら怒りで暴言言いたいくらいですよね?
そうだと思います。

私の友達も、前回記事にコメントを入れてくれました。
(たまるという名前で入ってます)
皆様にご迷惑をおかけしたお詫びと、私を気付かってくれてのことだと思います。

そこに書いてある通り、また皆さんのご意見も踏まえて、友達は同僚の方と
話しをしたそうです

爪を切ることに大金はかからないこと、自分で世話をする気がなく、
一緒に暮らす気持ちももうないなら、ネットで里親を探す方法があること、
保護団体等の情報もいろいろネットで探せるので相談してみたらどうか
などを同僚に話してくれたそうです。
もともと、親御さん(同僚)は動物が好きではなく、
それもあり自分でウサギを引き取るのはムリだと考えているようです。
息子さんがウサギを飼うことにも反対したそうですが、息子さん夫婦は反対された
からといって飼うのをやめたりしませんよね。きっといい大人でしょうから。
親御さんと一緒に住んでいるわけでもないので、なおさらだったと思います。
だから親御さんは、自分たちでなんとかしなさいよ!と放っておくことも
出来るのでしょうが、こんな状態のウサギを可哀そうだと思い、
今回の相談になったのだといます。
親御さんは自分の息子さんのこの無責任な行動には腹を立てているようで、
なんとかするように、もう一度話しをしてみると、友達に言ってくれたそうです。

息子さんがおいくつかわかりませんが、結婚されてるのですから大人ですよね。
全ての責任は息子さんご夫婦にあると思います。


息子さんたちの、ウサギに対する態度は論外ですが、
今回のウサギを引き取ってもらえるかということについては、親御さんも
簡単に考えてた部分があるのかと思います。
ウサギがいらなくなった、じゃぁ、誰かに引き取ってもらえないだろうか。
きっと引き取ってくれる人はいるだろう。
そんな風に思う所があったと思います。 
友達にもあったかもしれません。
そして、皆様に何か情報をもらおう、良い案が出るかもしれないと
すぐにブログにアップした私の考えも安易だったと思います。

現実、私は何も出来ません。
もし、これが私の友達夫婦の話しなら、ケンカ覚悟で話して、何だったら
爪切りくらいは連れて行ってあげても良いと思うでしょう。
でも、そうではありません。友達の同僚の息子さんたち、何の関係もありません。
また、ウサギを引き取ってくれと言われても、現実引き取れません。
コロンがいるからです。 ウサギ2匹の面倒見る自信がないからです。
結局はこうして皆様から情報をもらい、何か良い手があれば良い!と
他力本願であるのが現状です。

友達も会社の同僚の息子夫婦の話であり、これ以上は口を出せないのです。
皆様の意見も伝え、話すことは話したと言ってくれているので
あとは何とか良い結果を生まないかと願うばかりです。

今後何か良い進展があればご報告できるかもしれませんが
変わらないかもしれません。
今はこんなことしか言えず、申し訳ありません。


このブログは親御さんが読んでくれても、息子さん夫婦が讀むことはないでしょう。
読んでもらって構いません。 
みなさんのコメントも読んで考え直して欲しいからです。
でも、これが自分達の話しだとわかれば、親御さんが他の人(いわゆる他人に)
自分ちの内情を話したということで、親御さんを責めるかもしれず
親子の関係が悪化するのも望まないし、それがきっかけでウサギに害がおきても
いけないと思います。


皆様の言うとおり、親御さんの立場もとても難しいでしょうが
親御さんがウサギさんも陰からでも見守ってあげるしかないのかな?と思います。

このブログ、コメントを親御さんが読んでくださったかはわかりませんが
読むと辛い思いをされるかもしれません。 責められてる気になるかもしれません。
でも、わかってください。 
それはなぜかと言えば、私たちが「ウサギ飼い」だからです。
ウサギの立場で話しをしているからです。
決して、息子さん夫婦の立場で話をしているわけではないからです。

息子さん達の気持ちも考えなくもないですが、
それは私たちには許せることではありません。
ウサギにはなんの罪もないからです。

どうか、これからもウサギさんを見守ってあげてください。
機会あれば、息子さん達を説得してみてください。
出来るならば、お医者さんへ爪切りをしに連れて行って欲しいし、
健康診断もしてあげて欲しいです。

縁あってお家に来たウサギさんです。
息子さんたちも、始めは小さくて可愛くて、大事にしていたはずです。 
ウサギは成長して大きくなりますが何も変わりません。ご夫婦を頼りにしている
だけです。
もう一度、向き合って欲しいなぁと、時間はかかるかもしれませんが、
面倒をちゃんと見てあげて欲しいと思います。
そしてそれが出来ず、手放す気持ちがあるのなら、自分たちで動いて欲しいです。
そういう団体に相談するのも良いと思います。
ネットのキーワードで、ウサギ、保護、団体、里親 等で検索してください。
HPを持っている団体が出てくると思います。



コメントを読んでも思いましたし、メールを入れてくださった方もいましたが
こういう状況のウサギさんはいる、というのが現実です。
もしかしたら、一生のほとんどをケージで過ごすウサギさんも多いのかもしれません。
それでも、ご飯をちゃんともらえて、ケージやトイレは掃除してもらえて
必要あれば爪切りやブラッシングをしてもらえるのならば、幸せなウサギなのかも
しれません。
もっともっと辛い立場のウサギさんも、いっぱいいっぱいいるのでしょう。


引き続き、この件についての情報は求めます。
これから先、いつでもイイですが、このブログのこの話をどこかで目にして
ご意見、情報等お持ちの方はコメント、メールを入れてください。
自分も同じだったとか、こんなことがあったとか、
辛い経験をされた方も教えてください。  
何ができるわけではないですが、こういうこともあるよと、このブログで
お話しできることがあるかもしれませんので。よろしくお願いします。


この記事を読んで、自分のウサギもそうだな、爪切りしてないな、
医者にも連れて行ってないな、それはウサギに触れないからなんだよ。
と、思われた方がいるかもしれません。

前回コメントにもありましたが、引っかかれることや噛まれることが怖くて素手で
ウサギが触れないなら、軍手をはめて抱っこしてキャリーに入れる方法もあります。
また、抱っこがムリなら、ケージとウサギを入れるキャリーの出入り口を
くっつけて、ウサギをケージからキャリーにうまく誘導させる方法もあると思います。
夫婦や恋人と暮らしているなら、2人でキャリーに入れることが出来るわけで
2人がかりなら、なんとかなるかもしれません。
実際、ウチも2人で入れるということが多いです。
1人が静かにウサギを追い込み、もう1人がキャリーで待ち受けるなど。

捕まえる場合、後ろからだと恐怖を感じるそうなので前から行い、
出来るならちゃんと目をみて手を差し伸べてください。
(怖いなら前は難しいかな? 時間をかけずにサッと入れる方がいいかもしれませんね)
大声を出すと敵と感じるそうなので、声をかけるなら優しい声で話しかけてくささい。
また、うさぎの骨はもろいので、骨折しやすいです。
捕まえたら高い位置から落とすことがないように、注意してください。
なるべく、低い位置でキャリーに入れることが出来るといいですね。

ウサギにストレスはかかりますが、爪切りや、何かあったら医者に行くということは
絶対必要だと思います。
もう一度挑戦してみてください。 頑張ってみてください。


うさぎは弱い生き物です。 守ってあげてください。
どんな動物もそうですが、ペットが頼りにしているのは飼い主です。
飼い主の行動一つで、幸せになれるし、不幸にもなってしまいます。
愛してあげてください。 命を助けてあげてください。
私はウサギ飼いなので言いますが、
愛情をもって接すれば、ウサギも愛情で返してくれます。
きっとそれがわかるようになるはずです。 
愛情は、月日が経つほど深まります。本当にそうなのです。
お迎えしたころの、手のひらに乗るほどの小さい小さいウサギさんは
見た目からただただ可愛いですが、一緒に暮らすうちに、もっともっと違う
深い愛情が育つのです。 心の底からカワイイと思うのです。


いろいろ書きましたが、結局私は何もしていないと思います。
ですが、ブログにして良かったとは思っています。
こういう話は耳にしたことはあるのですが、実際身近で起こったことはなく
でもそれは、すぐそばで起こることなんだと考えさせられました。
皆様、今回の件では本当にありがとうございました。


by なっちゃん

※ 前回、前々回のコメントのお返事が遅れております。
  もう少し、待っててくださいね! 
【 2013/05/22 】 コロン日記 | TB(0) | CM(15)

求ム情報・ウサギの保護(団体)について教えてください。

これが、ウサギを保護できる状態になるのかどうかはわからないのですが
今から書く内容について、情報やアドバイスがある方は、教えてください。


土曜日、私の友達からメールが入りました。
内容は、その友達の会社の同僚の息子夫婦が
気まぐれで飼ったウサギの面倒をみていないようだ ということでした。

爪が伸びまくっている様子なのに、ウサギが人慣れしてないから触れず
自分たちでは切ることが出来ず、ならば獣医さんに連れて行くという
方法がありますが、それにはお金がかかるから、もったいない!ということで
連れて行かず、そのままになっているのだそうです。

その息子夫婦の親御さんが(友達の同僚)、それを見かねて、友達に相談して
来たのだそうです。
友達は現在、猫を飼っていますが、ウサギを飼ったことはなく
コロンと暮らしている私に相談してきました。

友達の同僚の息子夫婦、私からすればワンクッションもツークッションもあるのですが
私が思うに、エサとかはちゃんとあげているのだと思うのです。
でも、それ以上の手間はかけない、面倒はみない
また、触れないから面倒をみることが出来ない!と思っているのではないかと。
育児放棄になる状態ですよね。

こういった状況で、このウサギを保護してもらうことは出来るのでしょうか?

私もまったくこういった知識はなく、ただウサギの保護団体やNPO法人、
里親募集など、ボランティアで活動されている所はありますよね。
いままでブログをやっていますので、そういった活動を他の方のブログで
見たことはありますが、詳しくは知りませんでした。
今回、ネットで探してみましたが、そうそう簡単に「じゃぁ、保護します」なんて
引き取っていただけることはないと思います。

それはそうですよね。 簡単に引き取っていたら、その団体はすぐにパンクします。
現在、家で飼われているウサギの保護はしていない、という団体さんもありました。
里親募集についても無料ではなく、それなりの費用がかかるというところもありました。
というのも、無料でウサギさんを差し上げますよ、という状態にすると
他の動物のエサにしてしまったり、かえってひどい状況にウサギを引き渡すことになる
ということが無いようにとの配慮のようです。

このウサギさんも家で飼われているわけですから、保護してもらうという状況ではないのか
と思うのですが、こういっった(爪が伸びてるだけではなく)状況にいたウサギさんを知ってるよ、
その子はこういうことになったよ、など、何か知っている方はいらっしゃいませんか?


今、ウサギさんはペットショップなどでも多く売られていて、ウサギを飼う人というのは
増えていくのだと思います。
こういうことは、今までもあったでしょうし、これからも増えていくのでしょう。

ウサギを飼う動機はいろいろでしょう。
店頭で見て、可愛い~と思い、泣かない、これ以上大きくならないなど、比較的飼い易い
と言われたりで、じゃ、飼おう!と思う人も多いと思います。
ただ、きっかけはそんなものですよね。
ウサギとともに、これからの人生を歩んで行く!などと、大きな目標を持って飼い始める人は
少ないと思います。

ただし、きっかけは何であっても、一度飼う、このウサギと暮らすと決めたからには
一生面倒を見る、愛情をもって面倒を見る、最後まで面倒を見る、というのは
あたりまえでしょうが、絶対ですよね。


ただ、ウサギに限らないと思うのですが、どうしても家庭の事情が変わったり、
仕事や何かで引っ越しを余儀なくされ、ペットが飼えなくなる
イヤだけど、どうしても手放さなくてはならない事情というのはあるはずで
ボランティア団体というのは、そういったウサギさんを保護するのだと思います。
また、人間の勝手な都合で捨てられてしまったウサギを保護するのが目的だと思うのです。


このウサギさんの場合は、息子さん夫婦が心を入れ替えて、もう一度ウサギさんを
見つめてあげるのが一番良いのだと思います。
それがムリなら、本人たちが次の飼い手を探す、その場合、家族や親せき、友達など身近な
人に頼んでみる。それでもどうしようもないならどこかに相談してみる、ということでしょうか。

このウサギさんはつらい目にあっていますが、いま、気にかけてくれてる親御さんがいるのは
救いだと思います。
かといって、親御さんが引き取ってウサギを見ることはできないのが現状なのでしょう。
ですが、一緒には暮らせないけど、息子さん夫婦が爪切りをしないなら、お金はかかりますが
親御さんが獣医さんに連れて行って爪切りをしてもらうなど、なにか対処してあげる方法も
あるかもしれません。
ペットショップでもウサギの爪切りをやってくれるところはありますが、¥500くらいだったり
しますよね。


お金の問題ではなく、ウサギさんが触らせてくれないから、どうすることもできないというのも
あるかと思います。親御さんも暴れるウサギを触れないかもしれません。
医者に連れて行くにしても、キャリーに入れる必要はあるので、それが出来ないのかもしれません。

ウサギは生きています。ちゃんと感情があります。機嫌が良い時も、逆に悪い時もあります。

昨日まで良い子でナデナデさせてくれたウサギが、今日になって突然暴れたり、
襲ってきたり、噛もうとしたりという状態になり、飼い主が恐怖を感じてどうしてよいかわからない
というお悩み相談を見たことがあります。

これって、きっと多くの方が経験あると思うのです。
コロンもあります。 機嫌が悪くなり、手を出すと両手で「ウっ!」といいながら、飛びついて
こようとしたり、噛まれたこともあります。

ただ、こういったことには、原因があるはずです。機嫌が悪くなる原因があるはずです。
コロンが私の指を噛んで流血させた時も、原因はあります。
この時は故意や悪意ではなく、偶然そうなってしまったのですが
やはり噛まれたら痛いです。 両手で襲ってきてもそれは軽い威嚇であり
爪で傷つくということはないのですが、怖いと思ったりします。
それは痛い思いをしたくないからです。傷つきたくはないからです。

それでも、自分が傷ついても気にせず、今までと変わらず愛情を持って接し
ウサギと暮らしていく、ウサギ好きは変わらない、きっと皆さんはそうですよね。

でも、こういったことがあると、飼い主側でパニックになり、ウサギを怖いと思い
触れることができなくなり、愛情も消えてしまうことがあるのだと思うのです。

ですが、関係は修復できますよね。
ウサギが不機嫌であっても、一生不機嫌ということはないはずで、ウサギもきっと落ち着きます。
一週間とかかかるかもしれませんが、また落ち着いて、飼い主にナデナデを求めたり
するはずです。
このお悩みの方もそうでした。 アドバイスをもらって落ち着いて、
もとのようにウサギを可愛がることが出来るようになっていました。

不機嫌になる原因はあります。 それを考えて、その原因を取り除いてあげるのが良いはずです。
でも……ウサギは話さないので、わからないことも多いです。
言うことを聞かなくても、決して手をあげてはいけません。
それは何の解決にもなりません。 ウサギは恐怖を感じて、ますます心を閉ざすでしょう。
暴力では何の解決もしません。 たとえ自分が傷ついても、それだけはしないでください。

どんな動物でもそうでしょうが、命あるものです。簡単に飼えることはないはずです。
ですがペットは私たちだけが頼りです。 私たちが面倒を見なくては生きていけないのです。
愛情を捨てないでほしいです。 復活させてほしいです。
ウサギに罪はないのです。



話が長くなりました。

ウサギの保護について、情報やアドバイスをお持ちの方がいらっしゃいましたら
教えていただけないでしょうか。

また、ご自分も同じような経験をした、家族や友達で同じようなことがあった、
その時はこうした、結果こうなった、など、同じような経験がある方も
話しづらいとは思うのですが、教えていただけると嬉しいです。 ありがたいです。

コメントは「非公開コメント」をチェックしていただければ公開されませんし
ブログ内にメールフォームもありますので、よろしければお話し聞かせてください。

ちなみに、このウサギさんは 関東在住 です。

勝手ではありますが、よろしくお願いいたします。



by なっちゃん




【 2013/05/20 】 コロン日記 | TB(0) | CM(22)

うさんぽ11

4月14日(日)の朝、うさんぽへ行ってきました。
もちろん、今回はなっちゃんも一緒です!(笑)
P1010587.jpg
P1010609.jpg


朝7時に出て、いつもの公園へ行きました。
私たちも朝ごはんを広場で食べようか~って、オニギリ持っていきました。
シートや飲み物も必要になったので、当初より荷物がちょっと多くなり
初めに詰めていたバックから、違うバックヘ荷物を詰め替えました。
荷物は、みのさんが詰めてくれました!

これがいけなかったのでしょうね~。

公園に着いたらね、ハーネスのひも(リード)が無いの!
洋服部分は家から着せて行ったのだけど
ひもの部分は、詰め替える前のバックに入れたままだ!ってなことに……

なんで、詰め替えるときちゃんと確認しないの? 
お前が荷物増やすから詰め替えることになったんだろう!
(↑ 酷いでしょ? 自分だっておにぎり食べるくせに!!)
紐がなくてどうするの? コロンうさんぽ出来ないじゃん!
取りに戻ればいいだろう!

はい、早朝から、私とみのさん「プチ・ケンカ」でございますよ(笑)

うさんぽの時ね、ハーネスつけずに散歩するウサギさんもいると思います。
ウサギって、走って逃げそうなイメージがあるのですが(笑)
意外とそうでもない。 結構その場にとどまって、飼い主のそばから
離れなかったりするようなのです。

でも、やはり心配。 コロンは心配(笑) 何があるかわからない。
安全な場所なら良いのでしょうが、ここはワンちゃんを散歩させてる人も多いし
草むらとかもあるから、どんどん入り込まれたら困るしね~。
なのでウチはうさんぽの時、ハーネス着せて、リード付けるのが絶対なのです。

なので、どうしようもないので家に取りに戻ります。ええ、みのさんがね(笑)
自転車で往復どれくらい? 30分くらいかかったかな?
その間、私とコロンはベンチに座って待っていました。
コロンはキャリーに入れて、フタを開けておきましたが、身を乗り出して
キョロキョロしていましたよ。
P1010499.jpg
(お外なので、こういうダッコもさせてくれる。お家の中ではありえなーい!)


みのさんが戻ってきたのでリードつけて、うさんぽ開始です。
いつものきれいなお花畑へ行きました。
P1010511.jpg
P1010512.jpg


ここは管理されているお花畑。 係の人がきれいにお花を育てているのです。
なので、コロンが入って荒らしてはいけません。 
でも、ちょこっとだけ入らせてもらいました。
お花とコロン良いよね~(笑) 写真撮りました~。
春になって色とりどりのお花があって、とってもキレイ。
続・春散歩2013
P1010537.jpg
P1010541.jpg
P1010579.jpg
続・春散歩2013-2
P1010560.jpg


次に広場に向かいました。
P1010617.jpg

真ん中の木の下とかには、ワンちゃんたちが集まるので
広場の端っこの、目立たない場所にシートを敷きました。
コロンはキョロキョロ、ちょこちょこ歩き回ってます。
P1010659.jpg



持って行ったお野菜は、やっぱり食べませんでした。
外にくると食べないんですよね~。
来る前に、ご飯は食べてきたからいいんですがね。

私たちも朝ごはん。
オニギリです。 外で食べるのっておいしいな。
P1010616.jpg



小さいワンちゃんを2匹連れた女性の方が
こんにちは~って笑顔でそばにやって来ました。
P1010620.jpg

コロンを見つけて、びっくりした様子。 ウサギだわ~って(笑)
やっぱりウサギは珍しいよね(^O^)
ウサギは呼んだら来るの? 噛みつかない? って聞かれました。
ウサギはなかなか懐かないイメージなんでしょうね。
確かに、ワンちゃんのように懐いたりはしませんよね。
実際、コロンは呼んでもめったに来ませんし…オヤツの時はくるけどね(笑)

ワンちゃんがね、コロンに興味を持ってるみたいで近づいてくるの。
コロンは逃げ出すことはなく、落ち着いている様子なんだけど……
でも内心はドキドキしていたのかもしれません。
近づいてくると、ゆっくり離れて行くのです。
それを同じペースで追うワンちゃん。 ワンちゃんも走ったりはしませんでした。
P1010621.jpg
P1010624.jpg


初・ワンちゃんとの接触!
コロンは走って逃げようとしたり、隠れようとしたりしなかったので
私たちは、そのまま見守っていたのです。

でもね……

コロンは立ち止まり、前を向いて(私たちの方を向いて)お座り。
そこへ左から近づこうとするワンちゃん。
その時、
コロンが足ダンをかましました!
「ダンっ!」って、左足で!


下は土なので、フローリングのようには響かないのですが
それでも足ダンした!って音でわかりましたからね。
結構な大きさの足ダンでしょう。(ちょうどその時の写真がない! (>_<))

ワンちゃんね、ビクッ~!っとして、後ずさり。
ワンちゃんを驚かせてしまいました。
飼い主の方もそれを見ていて、もう近づかないように、ワンちゃん連れて
去って行きました。
ワンちゃん、とっても可愛かったのですよ。 人懐っこかったの。
コロンと仲良く出来るかな?って、思ったんだけどね。

「そばに来ないで!」という威嚇だったのでしょうか。
でもね~ワンちゃんには悪かったけど
私、コロンが足ダンしたのを見て嬉しかったです。
コロンはウサギなんだなぁ~って。
P1010664.jpg
P1010644.jpg

ちょっと前にNHKの「ダーウィンの法則」という番組で、イギリスの穴ウサギを
特集していましたね。
私は見ること出来なくて、再放送は高校野球で中止になって(笑)未だに見てない
のですが、ここでもリーダーのウサギが、敵に襲われると足ダンで周りに危険を
教えたり、立ち向かったりして、仲間を守ろうとしたのだそうです。

ウサギは捕食動物なので、弱いイメージがあるのですが、
立ち向かう勇気を持っているのですね。

コロンもそうなのか~って、ちょっと安心。

でも、安心してる場合じゃないですよね。
コロンはイヤだったのだと思います。
恐かったのかはわかりません。
以前、違う公園で、空を飛ぶ「とんび」を怖がり、その時は自分からキャリーに
入って身を隠しました。
今回もキャリーはありました。でも隠れようとはしませんでした。
ワンちゃんが小さかったので、こういう対応をしたのかもしれません。
もっと大きいワンちゃんだったらどうなのかな?
逃げてたかな~? 固まっちゃったのかな?
コロンが恐怖を感じてはダメですよね。 そこは気をつけたいと思います。

きっとコロンにとってはストレスだったのだと思います。
足ダンをしたということは、
コロンは危険を感じて威嚇したのか
不満を感じて怒ったのか
または、恐怖を感じていたのか
それ以上近づくな!という、意思表示でもあるでしょう。
P1010650.jpg


ワンちゃんとウサギ、猫ちゃんとウサギとか、他の動物と一緒にウサギを
飼っているご家庭も多いですよね。 ちゃんとうまく触れ合っているのを見ます。
ほほえましくて、いいなぁって、いつも思います。
なので、コロンもワンちゃんと仲良くなれるのだと思うのです。
でも、うさんぽで初めて会う他の動物さんですものね。
やっぱり外では私たちが気をつけて守ってあげるべきなのだと思いました。

他のウサギさんと一緒に、うさんぽしたらどうなんだろうな~?
まったく無視するのか、怒って足ダンしたりするのか、仲良く遊ぶのか?
コロンは「りんらんちゃん」というウサギさんとだけ、会ったことがありますが
あの時は、仲良く出来た方だと思います。
いつか他のウサギさんと会った時も、仲良くしてくれるといいなぁ。


時間も結構経ったので、帰ることに。
最後に、前回みのさんが連れて行った、菜の花畑へ立ち寄ります。
もう菜の花は終わっていました。
P1010697.jpg

P1010681.jpg
P1010688.jpg
P1010693.jpg
P1010707.jpg

食欲を思い出したのか(笑)、コロンは菜の花食べてばかりいました~。
少しだけいて、最後にウエットティシュで体拭いて、みのさんがブラッシング。
キャリーに入れて帰りました。
P1010710.jpg


3時間近くいたかなぁ。 ほら、リードの待ち時間も入れて~(笑)
やっぱり「なっちゃんも一緒の方が、コロンが喜んでいる」
感じがするのですが気のせいかしら~?(笑)

暑くならないうちに、もう一度くらい、うさんぽ行けるといいなぁ。

コロンは菜の花食べてお腹が空いてきたのか、
お家に帰って牧草バクバク食べてました。

コロン、うさんぽ楽しかったかな?

あのね~隣に、なんか動物さんがきたでしゅよ~?
P1010777.jpg

ああ、ワンちゃんだね。 コロンよりちょっと大きかったね~。
恐かった?


恐い? コロンは強いでしゅ! 怖くなんかないでしゅ!
P1010778.jpg

足ダンしてたじゃない。

あれは怖いんじゃなくて~なっちゃん達へのメッセージでしゅ。

メッセージ?

あの時、コロンはワンちゃんに向かってじゃなく、なっちゃん達に
向かって足ダンしたんでしゅよ。

P1010779.jpg


はっ! そういえば……
あの時、コロンは立ち止まり、私たちの正面に向かって座りました。
横にいる、ワンちゃんのほうに向かって座ったのではなかったのです。
私たちをまっすぐみて、足ダンをしたのです。
あ、あれはコロンの私たちに対する不満だったの?

そうでしゅ! コロンを危険な目に合わせてボンヤリ見ている二人に
「それでいいのか!」と怒ったんでしゅよ。 わからなかったの?

P1010744.jpg


は、はい……わかりませんでした。
っていうか、ワンちゃんに向かって「来ないで!」という意思表示だと
思ってたのですよ~。
そっか~ごめんねコロン。 怖かったんだね。
これからワンちゃんと触れ合うことがあったら、コロンの隣にいるようにするね。


……と、コロンがそう思っていたのかは分からないのですが…(-_-;)
ほんとうに、私たちに怒っていたのかもしれません。


ウサギは散歩しなくてよい動物ですよね。
運動は必要なのでしょうが、お部屋で遊んであげるだけでも十分なんだと思います。

うさんぽすると、外を喜んで走り回るウサギさんがいます。
帰ろうとすると、帰りたくない~と言うウサギさんもいます。
そんなウサギさんは、連れていってあげても良いと思うのです。
楽しんでくれるんだもの。外を走らせてあげたいですよね。
でも、コロンは過去のうさんぽでも、あまり走り回りません。
もともとコロンは警戒心が強いように思います。
外へ出ても、いろんなことが気になり、楽しくうさんぽすることが
出来ないのだと思います。
それでもうさんぽに行くのは (ウチの場合です)
広い場所で遊ばせてあげたい、日光浴をさせたい、とか言ったりはしますが
結局は私たちがコロンと散歩に行きたいだけなのだと思います。
コロンとお花の写真を撮ったりと、私たちが喜んでいるのだと思います。
コロンも草を食べたり、草の中を歩いたり、楽しむ気持ちもあると思いますが
今はまだ、警戒心の方が強い気がします。

でも、きっとまたうさんぽ行ってしまうと思います。
一緒に行きたいし、コロンにお外を見せてあげたい気持ちも変わらないからです。
コロンには、私たちに付き合ってもらうことになります。
なので、コロンには極力ストレスをかけないようにしたいです。
ちゃんと不満や恐怖から守ってあげたいと思います。
P1010840.jpg


by なっちゃん


ブログランキングに参加しています。ポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

かお
【 2013/05/17 】 うさんぽ | TB(0) | CM(40)

コロンの絵 と ウサギパン

「あたしんち♪」の たんぽぽさんが コロンの絵を描いてくださいました。
可愛いでしょう(*^^)v
(ちょっと前のお話しです。紹介が遅くなりました<(_ _)>)
P1020099.jpg


コロンが「うさんぽ」に出かけた時の絵と、「女優賞」をいただいた時の絵ですよ。
P1020102.jpg
P1020100.jpg

お花やフルーツと一緒に描いてもらって、可愛いね~。
優しい絵ですよね(^-^)
色鉛筆でカラフルに描いてあるの。
絵を描ける人って羨ましい。
私もコロンの絵を描きたいんだけどね~コロンにならないんだよね~(笑)


コロンに見せたら喜んでいました(*^。^*)

コロンかわいいね~
P1020104.jpg

でもね…… 紙製のものを見たときのコロンのお約束!
そう、ガジガジ!!
これもさっそくガジガジしようとするから、あわてて止めましたよ~!
P1020105.jpg
でも、ちょっと齧られちゃいました(>_<) ごめんね、たんぽぽさん。


たんぽぽさん ありがとうございました(^-^)


P1010788.jpg




銀座「三越」のパン屋さん「Johan」で見つけたウサギパン。
P1010809.jpg
子供の日の期間限定(4/26~5/5)各日限定50個 ¥252
中にはクリームが入ってました。

かわいい? 微妙? (笑)
お顔はチョコで書いてあるのですが、手書きなので表情が微妙にいろいろ。
もう残り少なくなっていたので、カワイイのからどんどん売れたのでしょうね(笑)
残ってるものから選びに選んで、中でも可愛かったコチラを買ったのです。
可愛いかな~?(-_-;)
(お目目が一個つぶれてるのは、お家に帰ってから触ってしまったからですね。)

P1010811.jpg
P1010813.jpg
齧ってます(;一_一) すぐ取り上げましたが写真撮る時はどうしても……

でもね……
三越のHPの「端午の節句フェア」のお知らせに出ていた、このウサギパンはね
お顔がとっても可愛いのですよ! ニコって笑ってるの~!
pic04.jpg

ね、私の買ったのと違うでしょう?
もしかして「別物ウサギパン」かしら??(笑)  お店は確かにジョアンです。 
これを見てしまうと……え?これ同じもの? 違くね? って思っちゃう~(笑)
一つ一つ手書きだから仕方ないんだろうけどね。
可愛さのクオリティは全部同じにして欲しいね~! 

ま、それでも結局ウサギというだけで買っちゃうんだけどね!^m^
パンはとっても美味しかったです!


by なっちゃん


ブログランキングに参加しています。ポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

かお


【 2013/05/12 】 コロン日記 | TB(0) | CM(36)

リラックス

みのさんです。

暖かい日が多くなり、コロンも団子状態から
ごろんちょ状態でいる方が多くなった気がします。(^o^)
マッサージ2013
※「ワンポイントカラー」と言う機能を使いました。

暖かくて気持ちがイイと、あくびが出るででしゅ!
ふあぁぁぁ~

ギャオー2013
ブレブレ……みのさん、相変わらず撮影がヘタでしゅね~!


みのさん、ナデコするでしゅ!


「カルディ・コーヒーファーム」(コーヒー豆&輸入食品屋さん)で見つけた ビスケット
兔:4枚+亀:4枚のはずが、兔が足りなかったのか、兔:3枚+亀:5枚でした。(^o^;) イギリス産
兎と亀


みのさんリベンジ!・・・静止画がダメなら動画です。

「あくび&のび~」をする時に、足がすべって不完全なものでした。しかも暗いし…(^o^;)
再度リベンジを誓います!


by みのさん

ブログランキングに参加しています。ポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

かお
【 2013/05/01 】 コロン日記 | TB(0) | CM(49)