コロン・コロンなウサギ

うさぎのポロンとコロ太郎&なっちゃんとみのさんの日々
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109
カテゴリー  【 コロ太郎お家に来て○年 】

コロ太郎お家に来て1年

平成29年6月18日 コロ太郎がお家に来て一周年の記念日です(*^▽^*)

ポロンをお迎えして、3週間後に我が家にやってきたコロ太郎。
ポロンをお迎えする前から、ずっと気になっていて忘れられなかったコロ太郎。
11月の下旬に生まれたらしいので、ウチにお迎えした時は生後7カ月くらいでした。

コロ太郎をお迎えした経緯ブログ → 


ペットショップのケースの中でドンドン大きく成長したコロ太郎。
私が初めてコロ太郎と出会ったときは、まだ小さい子供だったのにね。
とっても元気で可愛くて、だからこそすぐにお迎えが決まると思っていました。
でも………お迎えは決まらず、7カ月と大きく育っていきました。


お迎えする気持ちいっぱいでショップにコロ太郎に会いに行き
抱っこさせてもらうと、力いっぱい暴れました。
抱っこが大嫌いなウサギは多いですが、コロ太郎もそうでした。
2、3カ月の子ウサギが暴れるのとは違います。
体も大きいし力も強い。全力で腕の中から逃げようとするコロ太郎を
落とさないようにこちらも必死で抱っこしていました。 
初めて目の前で会う私たちに触れられて、きっと怖いと感じたのでしょう。


腕の中で暴れたけれど、でも、この腕に抱っこしたコロ太郎。 
この子をお迎えしたい気持ちは消えません。
コロ太郎にはウチに来てもらうことにしました(*^-^*)
P1250502.jpg


あの時は、ここでお迎えしなかったら後悔する。
そう思ってコロ太郎をお迎えしました。
でも、今でもフト思うことがあります。
なぜ、もっと早くコロ太郎をお迎えしなかったのだろうと……
もっと小さいうちにお迎えしていたら、
7カ月に成長するまでペットショップのケースの中で過ごすことなく、
狭いお家だけど部屋で走りまわることも出来たはず。
ナデナデもいっぱいしてあげることも出来たはず。
もっと早くお迎えしていたら、お家でしてあげられたことがあったはず。
こうしてウチに来ることになるならば、もっと早くお迎えすればよかった……
そんな後悔をちょっぴり感じることがあります。

でも、今更言ってもしかたない(;^ω^)
あのタイミングだからこそ、コロ太郎はウチの子になったのでしょう。
本当は私たちとではなく、コロ太郎にはもっと素敵な運命の出会いが
他にあったのかもしれません。
私たちがお迎えしなければ、その後に素敵なお家にお迎えされたかもしれません。
でもね、少なくとも、私にとっては運命の出会い。
いっぱいのウサギさんの中で、ずっと忘れられなくて気になっていたコロ太郎。
私は、ウチにコロ太郎が来てくれたことがとっても幸せです(*^-^*)


あれからコロ太郎は、すでにお家にいたポロンとも仲良くなって、パパにもなりました。
初めは、かかあ天下だと思っていたのに、今では亭主関白になり(笑)
ポロンとぴっとりくっついて、ポロンと一緒にいることが多いです。
亭主関白とはいえ、食欲ではポロンに負けるので、オヤツ奪われたりするけど(笑)、
おでこペロペロして~ってポロンに甘えることも多いし、良い夫婦なんだと思います^m^



コロ太郎の写真は生後7か月過ぎて大きくなってからのものしかないけど
私のお気に入りの可愛い写真もいっぱいあるので載せちゃいます!
見てやってください(*^▽^*)

お家に来た時
コロタとポロン、まだ手術をしていないので妊娠を防ぐために
一緒には遊ばせられない。
一人ずつへやんぽさせると、お互いのケージの前を行ったり来たりして
時には相手のケージのそばでゴロンチョしていました。
P1250515.jpg
P1250506.jpg
P1250645.jpg
P1250558.jpg
P1250532.jpg


初めは、あごスリスリ~ってして色んな所に匂い付けまくってました^m^
P1250552.jpg
P1250523.jpg
P1250761.jpg
P1250762.jpg


抱っこは嫌いだけど、ナデナデは大好き(*^-^*)
P1250771.jpg
P1250772c.jpg
2P1250937-c.jpg


9カ月を過ぎて、コロ太郎は去勢手術を受けました。
術後は一週間カラーを付けて頑張りました。
P1270037.jpg
P1270132.jpg

P1270110.jpg
P1270164.jpg

↑ コロタの手術が済んだので、ポロンと一緒に部屋に出しました。
仲良く一緒に過ごしていました。
でも、男の子は手術をしても、4~6週間はまだ体内に精子が残っているため
女の子を妊娠させることができます。
これを知って、その時から2カ月、再びコロタとポロンが一緒に遊ぶことは無くなりました。


私たちは妊娠させるつもりはなかったのですが、私の不注意で(私の父が原因)
ポロンとコロタの間に子供が出来ました。
生まれてきた、とっても可愛い可愛い子供たち(*^▽^*)

9月21日に赤ちゃんが生まれてから11月3日までの間、
コロ太郎の写真は、ほとんどありません |д゚)

この間、ポロンは子供たちと同じケージで過ごし、子供たちが大きくなれば
一緒にケージから出て部屋で遊んだりしていましたが
コロ太郎は一緒に遊ぶことが出来ません。
小さい子供たちの写真はいっぱい撮りましたし、子供たちと一緒の
ポロンの写真も撮っています。
でも、一緒に過ごさないコロ太郎の写真は撮られることが少なくなったのです(ノД`)・゜・。

一人、クズの葉を食べるコロ太郎。
P1280430.jpg



そして、コロ太郎の去勢手術から2カ月経った11月3日。
もう妊娠の心配はありません。
この日、コロ太郎とポロン、子供たちが初めて一緒にケージから出て過ごしました。
クリスマスカードを作るために写真を撮ったのです(*´▽`*)
P1290992.jpg


この後、時々ですが、コロ太郎も一緒に家族でご飯を食べることもありました。
P1300126.jpg

風和(グレ・男の子)と仲良し。
P1300111.jpg

でも実際は、こんな風に子供とおとなしくくっついていることは、
めったにありませんでした。
お父さんと子供、お互いに興味を持って近づいていくことはありますが
コロ太郎が子供を追いかけることもあり、何かあると怖いので
私たちが引き離したりしていました。
ちなみに、ポロンが子供たちを追いかけることはありませんでした。



子供たちも無事巣立ち、ポロンとの穏やかな日々が始まりました(*^-^*)
P1350579.jpg
P1320869.jpg
P1320887.jpg
P1360554.jpg

P1340920.jpg
P1350069.jpg


コロ太郎。
なっちゃんとみのさんのところへ来てくれてありがとう(*´▽`*)
コロ太郎をお迎えして、とっても幸せだよ。ずっと一緒にいようね!
大好きだよ、コロ太郎(*´▽`*)

P1260090c.jpg



by なっちゃん

ブログランキングに参加しています。ポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
 
スポンサーサイト