コロン・コロンなウサギ

うさぎのポロンとコロ太郎&なっちゃんとみのさんの日々
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

クロがお迎えされました その2 

クロのお迎えが決まって、お迎えされる前にサリさんがウチに遊びに来てくれました。
ポロンとコロ太郎もナデナデしてくれて、ウチの子たちと触れ合ってくれました(*^-^*)

クロと初対面。 可愛い~可愛い~って言ってくれましたが
この時はまだグレもお家にいて、二人して走りまわって
ゆっくりナデナデもさせてくれませんでした(笑)
でも、抱っこは出来ましたよ(´艸`*)
P1310548.jpg



そして、12月23日、クリスマスの前日。
クロはお迎えされました。
祭日だったので、私とみのさんでサリさん家までクロを連れて行きました。
電車に乗って1時間くらいでしょうか。クロは道中も元気です。

お家に着くと、旦那様と息子さんがお迎えしてくださいました。
中学生の息子さん、名前をたっくんと言います。
前回ブログで、たっくん と呼びかけておりましたが(笑)息子さんです。
娘さんのナオちゃんはいらっしゃいませんでしたが、また会えるよね(*^-^*)


お家には新しく買ったクロのケージが用意されていました。
P1320583.jpg

ケージにも入れてみましたが、クロは落ち着かない様子。
ケージの外が気になって仕方ない(笑)
そしてご家族皆さん、とにかくクロと触れ合いたい(笑)
しばらく、リビングで一緒に遊びました。
ケージはリビングに設置されているので、普段はここでへやんぽになるわけで
クロも早く慣れたいですよね。
P1320579.jpg


リビングのテーブルの下に入るクロ。
こういう場所、ウサギは好きですよね~。
初めはここから動きませんでしたが、だんだんとアチコチ動き始め、
いろんな場所をクンクンしておりました。

その間もたっくんはずっとクロのお尻を追いかけまわし(笑)
クロと一緒にテーブルの下にももぐりこんでおりました~(^◇^)
P1320580.jpg


抱っこしたいんだけど、まだ慣れてなくて、おっかなびっくりでしたが
ウサギ飼いベテランのお母さんがいるのです。教えてもらっているでしょう。
少しずつ慣れて覚えていけばいいよね(*^-^*)
P1320576.jpg

たっくんはウサギ大好き、
自分で「ウサギ男子」と公言しています(´艸`*)
なので、クロが来ることを待ち望んでいてくれたのです。


サリさん家にはお庭もあって、クロをお迎えするにあたり、お庭を整えたのだそう。
今は冬だけど、春になったら緑いっぱいのお庭になるでしょう。
そこでクロを遊ばせてあげたい!って言ってました。
クロがお外好きかまだわからないけど、うさんぽ好きになったら楽しめるはず。
お庭があるってやっぱりいいな~。
ウチもポロンとコロタを連れて遊びに来るね~って図々しくお願いしておきました(笑)


クロの新しい名前は、モカ と言います。
これね、たっくんが付けた名前なんです。
クロというのは、ウチで子供たちが生まれた時に名前があった方が良いと
とりあえず付けた名前で、色が黒かったからクロと単純なんですが(笑)
たっくんは、クロというより、カフェモカ色だ!ということで、モカちゃんと
名付けたのだそうです。
女の子らしくて可愛い名前ですよね。
里親さん、みんな可愛い名前を付けてくれて、子供たちは幸せね(*^▽^*)

たっくんね、モカを「相棒」だって言ってました。
なんか嬉しいね(´艸`*)
ナオちゃんもモカ大好きで、二人して可愛がりすぎてケンカに発展するそうですよ(笑)
愛されてるのね。良かったね~モカ。
P1320552.jpg
P1320553.jpg


クロありがとう。
ポロンとコロ太郎の子供として、ウチに生まれてきてくれてありがとう。
クロと暮らせて幸せだったよ。
クロは開帳肢かもしれないって心配したけど、大丈夫で良かった。
これからも、ずっとずっと元気でいてね。
みんなに可愛いがってもらって幸せに暮らすんだよ。
たっくんっていう、カッコイイ相棒ができたからね!安心だね(*^^)v
これからも、クロの幸せをずっとずっと願っているからね。

(クロの開帳肢、サリさんが健康診断で病院へ連れて行って診てもらった
 ところ、心配ない、って言われたそうです。良かったよ~!)




バナナ大好き!
この動画は、クロがお迎えされた日の朝。
最後なのでみんなで大好きバナナを食べました。
コロ太郎はケージに入っております(^^;)
いつもはこんなに自由にバナナを食べさせることはないのですが
(小さくカットしてあげている)
この時は甘やかしています(;^ω^) すごい勢いで食べてます。



P1320487.jpg
P1320467.jpg
P1320531.jpg
↑ これは、クロがお乳を飲んでいる姿です。
  ウサギの赤ちゃんは、ひっくり返ってお母さんのお乳を飲みます。
  お母さんは赤ちゃんの上にまたがるような形でおっぱいを飲ませるのです。
  この時はもうクロしかいなく、クロも落ち着いてお乳を飲んでいました。
  (すでに大きくなっているので、この時期では毎日授乳していたかは不明。
   子供たちは毎日、夜になるとおっぱいを欲しがるのですが、ポロンが拒否
   していた日もあります)
  子供たちが3匹いたときは、お乳を飲むのにみんな必死。
  良い場所を取ろうとすさまじいものがありましたよ(^^;)
  授乳の様子はもっと小さい時から写真やビデオを撮っているので
  今後、子供たちの成長記録を書いていく時に、載せたいと思います。



チィチィ、風和、モカ、みんなありがとう。
みんなに会えて良かった。 元気に育ってくれて良かった。
優しい里親さんにお迎えしてもらって本当に良かった。
生まれてきてくれてありがとう。 楽しい時間をありがとう。
みんなと過ごした時間、忘れないからね。
これからも、チィチィ、風和、モカはポロンとコロ太郎の子供。
私にとっては孫(笑) いつまでも家族だからね。
落ち着いたら、またみんなで会おうね!
ポロンとコロ太郎とチィチィ、風和、モカ、また家族が揃ったら
どんなことになるのかしらね?
穏やかな再会になる‥…のはムリかなぁ?(;^ω^)
でも、ウチはみんなの「実家」だからね。 いつでも遊びに帰っておいで!


P1270815.jpg
P1270830.jpg
P1280225.jpg
P1280985.jpg
P1290252.jpg
P1300901.jpg

チィチィ、風和、モカ、ずっとずっと大好きだよ (*^▽^*)



by なっちゃん

ランキングに参加しています。ポチっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
【 2017/01/24 】 里親募集 | TB(0) | CM(16)

クロがお迎えされました その1

ウチに生まれた子供達、最後のお迎えはクロでした。

記事が遅くなりました。
たっくん、待たせてごめんよ~(ノД`)・゜・。 え?待ってない?(笑)


P1320443.jpg
P1320451.jpg


クロのお迎えを決めてくださったのは、サリさんという方で
やはりうさ友さんのブログでウチの里親募集を知ってくださったのでした。
クロが生まれたのは9月21日ですが、この日はサリさんにとって
とっても大事な記念日。 
自分がさらに向上するために、新たなスタート地点に立った日だったのです。
なので特別な思いを感じてくださり、これは何かのご縁!と、ぜひウチの子供を
お迎えしたいと思ってくださったのでした。

サリさんご家族は、クロをお迎えする前に、パディちゃんという女の子ウサギさんと
暮らしていました。
とってもとっても可愛がっていたパディちゃん。
でも悲しいことに昨年、病気を患い8歳でお空へ旅立ちました。
サリさんは旦那様と娘さんと息子さんがいらっしゃいますが、子供さんはパディちゃんと
一緒に育ったわけで、ご夫婦にとってはもう一人の子供だったのだと思います。
娘さんも息子さんもパディちゃんを大好きで、とっても可愛がっていたといいます。
そんなご家庭に貰っていただくことになったクロ。
きっと幸せになってくれる、ってとっても嬉しく思いました(*^-^*)
P1310467.jpg
P1310469.jpg
P1310471.jpg


どの子をお迎えしたいか希望があるかと聞いたとき、どの子でも構わないと
言ってくださったサリさん。 サリさんが連絡してくださる前に、チビとグレは
決まるかも?って状態だったので、残されたのはクロでした。
でも、親ばかですが、ウチの子はみんな可愛い!(笑)
クロもチビもグレもみんなとっても可愛いのです。
なので、クロを貰っていただくのは嬉しいのですが、一つ問題がありました。

以前、ブログで「ちょっと問題も出てきた‥…」と書いたことがありましたが
その問題とはクロのことでした。
子供達の健康診断と性別判断をしてもらおうと連れて行った病院で
クロは開帳肢かもしれない、って先生に言われたのです。
病院へ連れて行ったのはみのさんで、診察終わって帰って来た時、
クロの後ろ脚はテーピングされていました。


開帳肢とは
肢が正常な位置を保つことが出来ない状態で、多くは外側に向いてしまう病気です。
遺伝性と言われ、常染色体の劣勢遺伝により引き起こされると言われ
遺伝性の股関節脱臼や神経障害のようです。
一般的に生後4か月齢までに起こり、生後数ヵ月してから発症するため、
当初はほとんど症状が目立ちません。ショップなどからお迎えした後に暮らしてみて
病気だったとわかることも多いようです。
病状は成長に伴って症状が重くなりますが、これは体重の増加により負荷がかっていく
からのようです。
ただ、足の異常はありますが、痛みはなく、これ以外の健康や食欲に問題は
なく、ウサギ自体は元気でいるのだそうです。

有効な治療法は確立されておらず、ギプスなどで、体の外側から関節や肢を固定したり、
脱臼している場合には手術によって整復するなどがあります。
しかし、関節が変形していて元には戻らなかったり、症状の悪化によって失敗に終わる
ことの方が多く、根治は難しいとされています。
また、遺伝性の疾患であるため、病気自体を予防することはできません。
対策として、落ちたり、ぶつかったりといった事故を予防するため、クッション性の高い
床材を使用したりとケージ内を工夫したり、掃除をまめに行い衛生管理に気をつけます。
症状が進むと足が開いて引きずるようになり、元気なウサギのような尿や便ができません。
下半身に糞尿がからみつくので、体重がかかる下腹部が皮膚炎にかかりやすくなります。
それを予防するためにも衛生に気をつけ、高温多湿にならないよう歓喜にも注意し
ブラッシングもこまめに行います。
遺伝的な疾患であるため、繁殖はさける必要があります。

開帳肢のウサギさん、テーピングを続けて数か月で状態が良くなった子のブログを
拝見したりもしました。完治するのは難しいのかもしれませんが、テーピングなどの
適切な処置で良くなる子もいるのです。



クロは後ろ足でした。
テーピングの写真は取ってないのですが、左右の後ろ足をくっつけて
そこにテープを巻き付け矯正されていました。
後ろ足はぴったりくっついたまま動かすことは出来ません。
その状態での歩いたり走ったりも大変でしょうが、後ろ肢をあげて耳の後ろや
体を掻くことが出来なくなるのです。
病院も初めてだったし(グレとチビも一緒でしたが)
帰りには後ろ足をテーピングされてしまい、足が動かない。
クロは色んなことがショックだったのだと思います。
ウチに帰ってきて部屋に放してあげると、カーテンの後ろに隠れ出て来ません。
ジーッと固まっているのです。

とはいえ、お家に帰ってきたのですから少しずつ動き回ります。
そして当然のようにテープを気にします。嫌で嫌でしかたないのでしょう。
帰ってきてから3時間くらいしたとき、テープを外そうとしているのを目撃しました。
すでに左足は外れていました。
足の血流が悪くならないためもあるのか、ギュウギュウには巻いてなかったのでしょう。
今度は右足のテープをグイグイと口でひっぱり始めます。
止めようとしましたが逃げていきます。
そのうち、右足のテープもスルリと取れてしまいました(>_<)
どうするんだ?と病院へ電話してみたところ、じゃあ様子をみましょうと言われました。
私はこれにちょっと引っかかり、え?様子見でいいの? 矯正しなくていいの?
しなくてもいいなら、何でテーピングして帰ってきたの?と
病院へ行ったみのさんに詰め寄ります。

みのさんが言うには、先生は子供達3匹を見て、その中でクロが足が開いて
いるように感じ(見えて)、矯正することは出来ますがどうしますか?と
飼い主であるみのさんに聞いたそうなのです。
みのさんは開帳肢だったら大変だと思ったのでしょう。
矯正するなら早い方がいいということで、お願いしますと言ったそうです。
でも、はっきりと確実に「開帳肢」と診断されたわけではないようなのです。
診察台はちょっとツルツルしているので、そこに乗せられたとき
他の2匹より開いているように感じたのかもしれない‥…ってみのさんは
言うのですが、ウサギのお医者様がそう言うのだから、まったく根拠ない
ってことはないと思うのですよ。
でも、私もみのさんも今までずっとクロを見てきて、クロが開帳肢だなんて
感じたことは一度もなかったんです。
だから不思議だったし、本当に開帳肢なら大変じゃないか!って不安が
出てきました。
確実でないことなら言われた方が困るのですが、でも可能性として無視
出来なくて先生もみのさんに伝えたのだとは思います。
ただ……結局テーピングを外してしまったクロを、様子見しましょうって……
大丈夫なの? 様子見していて開帳肢は治るの? このままでいいの?って。
ってか、様子見でも大丈夫ってことなら、大したことないんじゃないの?
ってか、開帳肢って本当なの?って疑う気持ちも出てきてしまいました。
P1300488.jpg
P1300497.jpg
P1310635.jpg

そこからネットで開帳肢のウサギさんの写真を検索したりしましたが
本当に開帳肢であるウサギさんは、足が完全に左右に開いてしまっているの
ですよね。 進行すると歩くことも出来なくなる。
飼い主さんがお世話をしてあげなくてはならなくなるのです。
今は元気なクロ。 そんな風には全く見えないクロ。
でも、これから先悪くなるのかもしれない。 症状が出てくるのかもしれない。


子供達が生まれた時、思ったんです。
もしこの子たちが生まれつき病気を持っていたり、障害があるようだったら
その子はウチで育てよう。 ウチで一生育てよう。
そう思ったのです。 
それが私たちの責任であり、そうするべきだと思ったのです。


サリさんにそのことを話しました。
サリさんは、もし開帳肢でも構いませんよ、って言ってくださいました。
パディちゃんを最後は看病していたサリさんは、その辛さも
ウサギさんが大変な思いをすることも知っていましたが
それでもクロをお迎えしたいという気持ちを持ってくださいました。

成長の過程で、色々起こることは人間の子供も一緒です。
不安がないといえば嘘になりますが、できるだけのことはしていきたいと思っています。
そう言ってくださいました。


それから、クロの後ろ姿を注意しながら見ていました。
でも、チビやグレと一緒に並んで同じ姿勢を取っていても、クロが特別に足が開いて
いるようにはやっぱり感じられないのです。
一週間後、もう一度クロを病院へ連れて行ってみました。
可能性は消えないようですが、やはりはっきりと「開帳肢」と診断されることはなく
今度はテーピングもしないで帰ってきました。
開帳肢という可能性はあったのでしょう。 でも現在は何か治療しなくては
ならない状態ではない、ってことなのでしょうね。

サリさんにそのことをお伝えし、現在のクロの写真も送ってどうするか最終的に
決めてもらうことにしました。
ウチとしては将来的に開帳肢になる可能性があるかもしれないクロをお渡しするのは
無責任かもしれないって思いはあったのですが、このまま変わらずにいて
開帳肢にはならないのでは?とも思い初めていたのです。
サリさんはご家族で話しあい、
「クロちゃんをお引き受けしたいと思います」と言ってくださいました。

クロをサリさんご一家に託すことを決めました(*^-^*)
きっとクロは大事に可愛がってもらえる、そう思えました。

P1310564.jpg
P1310566.jpg


長くなったので、続きは次回に……
たっくん、ごめんよ~登場は次回だよ~待ってておくれ~(笑)


 by なっちゃん

ランキングに参加しています。ポチっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【 2017/01/17 】 里親募集 | TB(0) | CM(10)

グレがお迎えされました。

先週の日曜日、グレがお迎えされました(*^-^*)

P1310709.jpg

グレのお迎え先の lazuliさん(ラズリさん)は、私の昔からのうさ友さん。
可愛い可愛い女の子ウサギ、そらちゃんと暮らしていました。
lazuliさんとは、コロンが生きていたときから仲良くしていただき
ウチに遊びに来てくださったこともあるのです。
コロンが亡くなったのは昨年の11月でしたが、その数か月前
悲しいことにそらちゃんも旅立ちました。

ウチは一足先にポロンとコロ太郎をお迎えしましたが
子供たちが生まれた時、私の方からラズリさんに里親の声を掛けました。
新しい子をお迎えされてなかったということもありますが
何より、ずっとお友達でいてブログでのそらちゃんとの暮らしも見ていて
とってもとってもそらちゃんを可愛がっていたことを知っていたからです。
そらちゃんは最後は病気で亡くなりましたが、ラズリさんは出来ることを
一生懸命されていて、そらちゃんへの愛情にあふれていました。
そんなラズリさんだからこそ、ウチの子も貰ってもらえたら安心して託せる。
そうなったら幸せだ!と思い、声をかけさせてもらったのです。
他にも何人かの方に、こちらから声をかけました。
みなさんウサギと暮らしていた方で、同じように私の昔からのお友達(*^-^*)
ウチの子をお迎えしてもらえたら……って思いからでした。
もちろん、友達だからといって、簡単に引き受けてもらえるわけではありません。
当たり前です。皆さんウサギ大好きな方々ですから、なおのこと
生まれてきた小さい命を預かることを真剣に考えてくださ いました。
いっぱい悩んでくださって、でも諸事情で叶わない方もおりました。
皆さんには本当に感謝しています。あの時はありがとうございました。


ラズリさんはお迎えしてくださることになりました。
私が初めて里親のことをメールしたのは夜中で、ラズリさんはとっくに
寝ていたのですが、私のメールが届く直前に目が覚め、そこで私のメールを読み、
ご縁を感じてくれたようなのです。
「そらに起こされたのかもしれない」って、そんな風に言ってくれました(*^-^*)
とはいえ、色々諸事情もあり簡単なことではないので
「命に関わることなのでお時間ください」
とおっしゃり、いっぱい考えて悩んでお迎えを決めてくださいました。
ご迷惑をいっぱいおかけしたのです。
それでも、ウチの子供を里親に迎えたいという気持ちを持ち続けてくださり
今回それが実現しました。 本当にありがたいことだと思っています。

ラズリさんが初めから気になっていたのが、グレなんです^m^
でも、初めの頃は性別がわかりません。
ウチが新しい子をお迎えするとき、コロンと同じ女の子がいい!って思ってた
のと同じように、ラズリさんもそらちゃんと同じ女の子がいいなぁって思ってました。
なので、性別がわかってから改めてお迎えの子を決めるか、
女の子でも男の子でもいいからグレにするか、これが悩ましいところでした(^^;)
でも、やっぱり初めに「この子」と思った気持ちを大事にされ
グレをお迎えしてくださったのです。

P1310931.jpg
P1310728.jpg
P1310729.jpg

グレのお渡し日前日。 みんなでリンゴ🍎
自分の分を食べ終わって、コロ太郎のを貰おうとしたけどダメだったグレ。
今度はクロの元へ行き、今度は横取りしましたよ~(笑)
クロも負けてませんけどね^m^



ラズリさんのお家は関西です。
なので、グレは私とみのさんと一緒に新幹線に乗りました。
新幹線だけでも3時間と長時間。
無事にお届けしなくてはなりません。
初めは私が一人で連れて行こうかと思ったのですが
新幹線の2列席を私とみのさんで座った方がグレの様子を
見ることも他の方に気を使わなくて済むし、
せっかくそちら方面に行くのだから、お渡し後に観光もしようと思い(笑)
二人で行くことにしました。

東京駅から新幹線に乗ります。 朝早いからか、車内はわりと空いていました。
(名古屋以降混んできましたが)
グレはやはりキャリーで固まっていました。
車内では私がヒザの上にキャリーを乗せてなるべく揺れないように支えました。
時々フタを少し開けて様子を見ます。 持って行ったリンゴを食べないかと
差し出したりもしましたが、全く食べません。
グレにとっては、何かを食べるどころではないのです。
「大丈夫だよ~怖くないよ」 とナデナデしながら声をかけます。
そのうちに、だんだん慣れてきたのか、ちょっと体を伸ばしてゴロンチョしたり
牧草を咥えては、ぶん投げたりして(;^ω^)、動きも見せてきました。
P1320062.jpg
P1320069.jpg
P1320071.jpg

食べないかと牧草を口元まで持っていくと咥えてポイっと捨てるのです。
いらない!うるさい! オレのことは構うな!
いつまでここに入ってるんだ~!って感じで怒っているのでしょう。
少し慣れた頃から、ウタッチしてキャリーの外に顔を出したり、
外に出たがっていたからです。狭いキャリーは窮屈ですよね。
怒る気持ちもわかります。

そんな中、これは新幹線に乗ってから知ったことなのですが、
実はこの日、浜松で不発弾の輸送処理があり、浜松~豊橋間で
一時運転見合わせがあるとのこと。
乗り込んでから、車内アナウンスで知りました。
状況はわかりませんでしたが、不発弾輸送が浜松駅近くを通ったのでしょうか。
浜松駅で新幹線が止まっている間、それ以降に発車した電車も
止まって待つことになるわけです。 ウチも掛川で止まりました。
時間ははっきりしませんでしたが、30分は止まるだろうと………

しかし、これがグレにとっては幸いしました。
新幹線が完全に止まったので、走っている間の揺れや騒音が止まったのです。
この時は、私たちの座席の周りに他の乗客はほとんどいなくて
フタを大きめに開けてグレの様子を見ることも出来ました。
(キャリーから出すことは出来ません)
新幹線が止まったので、グレも落ち着いてきたのか
差し出した水やリンゴを食べてくれたのです。牧草も少し食べました。
グレにとっては長時間のキツイ旅になるわけで
でもそんな中、ちょっと一息つくことが出来たのだと思います。
キャリーから顔をピョコンと出したり、出たいそぶりを見せました。
出してあげられないので、そのストレスは減らないと思いますが
少し元気を取り戻したと思います。 

牧草をぶん投げるグレ(笑)




そんなこんなで頑張ってくれたグレ。
現地の駅に着き、駐車場でグレをお渡ししました。

最後に抱っこさせてもらってナデナデしました。
ありがとうねグレ。 幸せになるんだよ。

ラズリさんのお家に着いたグレは、大きな●をし(笑)牧草を食べ
「バナナでたこ足」を齧り、敷いておいた毛布と格闘し
また牧草を食べ‥……、を繰り返したそうです。
そして、これはチィチィ(チビ)と同じなのですが
トイレをベッドに寝てしまったそうです(笑)
なんでトイレで寝るのかしらね??

とってもおとなしい~!ってラズリさんは言っていましたが
いや、グレは絶対猫かぶってる!(ウサギだけど)と
私は思いました(笑)
ウチではやんちゃでしたからね~。
まだお家に慣れてないだろうから大人しいかもしれないけど
これからだんだん本性を現すはず!そう思っています( *´艸`)
で、実際、グレはどんどんヤンチャぶりを発揮しているようです(笑)


ラズリさんのブログで、グレの様子を見ることが出来ます。

ブログ → そら色日記

グレの新しい名前は、「風和(ふうわ)」 と言います。
今の風和の様子もアップしてくれていますので、皆さん遊びに行ってくださいね。


グレ、ありがとう。
ポロンとコロ太郎の子供としてウチに生まれてきてくれたありがとう。
グレと暮らした日々は、とっても幸せだったよ。
今度はグレが、いっぱいいっぱい幸せになるんだよ。
ママにいっぱい可愛がってもらって、グレもママを幸せにしてね。
グレの幸せをずっとずっと願っているからね。

P1310711.jpg

P1320038.jpg
P1310674.jpg



クロのお渡しブログは、来年になってしまいます~ごめんなさい(>_<)


さて、今日は29日です。もうすぐ今年も終わります。
きっともう、年内中にブログを更新することは出来ないので
これが今年最後のブログとなります。

皆様、今年一年お世話になりました。
子供たちの里親の件では、ご協力いただきましてありがとうございました。
コロンが亡くなってからブログのやる気が失せ、更新をサボリがちです。
皆様のブログへコメントを入れるのも怠っております。
本当にごめんなさい<(_ _)>
来年は気持ち新たに、ブログにも意欲を燃やしたいと思います!!(*^^)v
(ほんとかな~?(;^ω^))
子供たちが生まれた時から、大きくなって巣立つまでの様子も
順を追って書いていきたいと思いますので、がんばるぞーー!!

来年もよろしくお願い申し上げます。


なっちゃん

ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【 2016/12/29 】 里親募集 | TB(0) | CM(16)

チビがお迎えされました。 

ご心配いただいておりました、クロとグレの里親さんも無事に決まりました。
ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました<(_ _)>
こちらから声をかけさせていただいた方もおり、諸事情で貰っていただくことは
叶いませんでしたが、その方々にはずっとご心配いただいたのだと思います。
ありがとうございました。 おかげさまで、無事決まりました(*^-^*)
お迎えはまだ少し先ですが、里親さんはウサギと暮らした経験を持つ方で
良い方ですので、クロもグレも幸せになってくれると思います(*^-^*)
お迎えされた時には、またご報告しますね。

また、前回ブログで書くのを忘れていたのですが、健康診断をかねて連れて行った
病院で、性別をみてもらったところ、チビ=女の子、クロ=女の子、グレ=男の子
ということが判明しました。
生後2カ月前だったので、もしかしたら性別が違うかも?という可能性が数パーセント
あるようですが、たぶん確実だと思います。

P1310032.jpg

なんでしょうね?
人間だと、女の子はお父さん、男の子はお母さんに、顔が似ていると言いますが
ウサギも同じなのでしょうか?(笑)
チビとクロは目がお父さんのコロ太郎に似ているのです。
目の周りにくっきり白い縁取りもあります。
そしてグレは、お母さんのポロンに目がそっくりなのですよ。
カラーも完全にお母さん寄りですしね。
おもしろいですね~( *´艸`)


…………☆…………☆…………☆…………☆…………☆…………☆…………☆…………


先週の、関東に初雪が降った寒い日に
チビは里親さんのお家にお迎えされました(*^-^*)

チビがお迎えされるということは、ウチからチビがいなくなること。
正直、寂しい思いがあふれました。
でも、チビにとっては喜ぶべきこと。
笑顔でお別れしようと決めました。
P1310304.jpg

当日、気を付けたのは、チビとクロを間違えないこと(笑)
チビとクロは顔がとても良く似ていて、体の大きさもそれほど変わらないし
色の違いで区別していました(^^;)
チビはチェスナットかな?というくらいの濃い茶色をしていて
クロはそれよりは明るい茶色。
でも、チビをお渡しする数日前から、なぜかクロの毛色も濃くなってきて
ますます区別がつかなくなってきたのです。
一匹だけで部屋の中をうろちょろしていると、あれ?この子はどっち?って
思うこともあって(笑)、二匹並べて、あぁ、色が濃いからチビね!って
確認することもしばしば。
まぁ、よく見れば、お顔の違いはやっぱりあるのですがね^m^
P1300604.jpg

間違ってクロをお渡しすることになったら大変です!(笑)
でも、もちろん大丈夫。
ちゃんとチビにキャリーの中に入ってもらいました。
キャリーに入れると暴れて出ようとするチビ。
キャリーに入ったのは、医者に行った一回だけ。
全く慣れていないし、どこかに連れて行かれる!って思いが
あったのかもしれません。

里親さんのお家まで、家から歩いて駅まで行って、電車で一時間くらいでしょうか?
外に出たチビは緊張していました。
キャリーの中に牧草やアルファルファキューブ、リンゴも一かけ入れましたが
食べる様子もありません。 丸く固まっていて、時々向きを変えるくらい。
電車の中ではキャリーの中に手を入れて、ナデナデナデナデ。
大丈夫だよ、怖くないよ。って声を掛けながら行きました。

目的の駅に着くと、里親のyorさんが待っていてくれました。
yorさんのお家では、チビを受け入れる準備がバッチリ整っていました。
チビをケージに入れます。 
今日からここがチビのお家です。早く慣れてもらわなくては。
P1310368.jpg
P1310369.jpg

ケージにわらっこハウスを入れてくれていたのですが、入らないチビ。
ウチではケージの中にハウスは入れていないのです。
チビたちは、生まれた時も小さい小さい赤ちゃんの時期も
牧草敷き詰めたケージ自体がお家だったのです。
なので、ハウスというものに慣れていないのでしょう。
チビが落ち着いたのは、三角トイレの上でした(;^ω^)
そこでまったり。
お茶をいただきながら、yorさんとおしゃべりしつつ、チビの様子を
観察していましたが、初めは動かなかったチビも少しずつ動くようになり
怖がってる様子もないし、差し出したペレボクのオヤツもポリポリと食べる。
これなら大丈夫だね~って、yorさんと笑顔になりました(*^-^*)
P1310376.jpg
P1310379.jpg


最後にもう一度、チビを抱っこさせてもらって、ナデナデしました。
いっぱい可愛がってもらうんだよ。
幸せになるんだよ。
そう言ってチビとお別れしました。


チビの里親さんになってくれた yorさんは、ブログをやってらっしゃいます。
ウサギ中心ブログではないのですが、チビの前の11年間一緒に暮らしていた
可愛いウサギ ぐら君 のことも書いているブログであり、
チビのことも、これからいっぱい書いていくそうです。
なので、チビの成長がこれからもブログを通して見守ることが出来ます(*^-^*)
P1310375.jpg

yorさんのブログ →  sweets, electric.

チビの新しい名前は、チィチィと言います。
可愛い名前ですよね~。
今ではすっかりお家に慣れて、みんなに可愛がってもらっているようです。
皆様、チィチィとyorさんに会いに、ブログへ遊びに行ってくださいね~!
ウサギのことだけじゃなく、楽しいお話しいっぱいのオシャレなブログなんですよ(*^▽^*)


チビ、ありがとう。
ポロンとコロ太郎の子供として、ウチに生まれてきてくれてありがとう。
チビと暮らした時間は少しだったけど、とっても幸せだったよ。
これからは、優しいママにいっぱいナデナデしてもらって
いっぱい可愛がってもらって、幸せになるんだよ。
そして、チビも新しい家族を幸せにするんだよ。
チビの幸せを、ずっとずっと願っているからね。
P1310322.jpg

牧草パクパク!(動画・声入ってます) 


ナデナデ!(動画・声入ってます)



P1310354.jpg

P1310356.jpg

P1310266.jpg


by なっちゃん

ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【 2016/12/01 】 里親募集 | TB(0) | CM(21)

チビの里親さん決定!&うさフェスタ2016行きます!

チビの里親さんが決まりました(*^▽^*)

3P1310102-3.jpg
P1300945-3.jpg
P1300750.jpg

チビを希望してくださった方がウチにチビに会いに来てくださり決まりました。
ウチの募集記事を見てくださった時からチビのことが可愛いと気にしてくださり、
チビを引き取る気まんまんで(笑)、ウチに遊びに来てくださいました。
チビの名前、すでに「チィチィ」と決めてくださってましたよ(笑)

なので、今週、チビはウチから嫁に行きます!
(ほんと、嫁に出すような気持ちなんですよ~女の子だしね!)
チビの里親さん、また改めて紹介しますが、
ウサギさんと11年一緒に暮らしていた方です。
その愛兎が亡くなって、チビと出会ってお迎えを決めてくださいました。
ウサギ大好きな方なので、チビもきっと可愛がって貰えると思います(*^▽^*)

P1300702.jpg

良い出会いに恵まれました。
ウチの里親募集の記事を紹介してくださったり、リンクしてくださった
うさ友の皆さま。本当にありがとうございました<(_ _)>
今回、チビをお迎えしてくださる方も、うさ友さんが紹介してくれた
ウチのブログを見に来てくれて、そこからチビをお迎えしてくださることに
なったのです。
このブログだけでは、きっと結ばれなかった縁だと思います。
多くの方に見ていただいたからこそ、チビが里親さんと出会えたのだと思っています。
うさ友さん、本当にありがとうございました。


チビと過ごせる時間もあと少しです。
お母さんポロンやクロちゃん、グレちゃんと一緒に過ごすのもあと少しです。
(コロ太郎とも少しは触れ合っているのですよ^m^)
その時間を大事にしたいと思います。
P1300727.jpg
P1300794.jpg


クロとグレについては、まだ確定していない子もおりますが進行中です。



クズの葉大好きウサギたち。
ポロンと争って食べますよ(笑)
ポロンは母ウサギですが、子供たちに食べ物を譲るということはしません!(笑)
子供が自分の物を食べても怒ったりはしないのですが
自分が諦めるということはせず、一緒に奪い合います(笑) 
兄弟同士も奪い合い。 こうして逞しく成長するのね~( *´艸`)



お父さんと一緒にごはん。
コロ太郎が去勢手術をしてから2か月が過ぎ、もうポロンが妊娠することはないので
ご飯の時とか何度か一緒に食べさせています。
でも、コロ太郎はご飯よりポロンたちが気になって追いかけたりしちゃうので
注意が必要です。



………☆………☆………☆………☆………☆………☆………☆………☆………☆

さて、毎年訪れているうさフェスタ 今年も参加します!
ウチはたぶん、土曜日に参加だと思います。
コロンをお迎えして行き始めたうさフェスタ。
その当時は、福袋が販売されていたのですよ~。
数年前からそれは無くなりましたが今年もないですよね?  復活しないかなぁ。
あったらな~絶対買うのにな~(*´з`) (笑)

ということで、整理券を求めて朝早く行く必要もないのですが午前中に行きます。
ウチは今年もサンプルゲットに走ります!
今年はウーリーさんのサンプルが欲しいので、長蛇の列でも並ぶ覚悟(笑)
ポロンとコロ太郎のためにも、いただけるサンプルは欲しいので
今年も頑張ります!
うさフェスに参加してサンプルもらっても、ウチはいらないな~ってお友達。
ウチで頂きますよ?(笑)

毎年、お会い出来るうさ友さんが少ないのですが(;^ω^)
一応、持って行くバックを目印として写真載せます。
これを見かけたら、よろしかったらお声かけてくださいませ。
fes24-4.jpg

みのさんのバックはこちら。
fes24-6.jpg


それでは皆さま、今年もウサフェスタ2016楽しみましょうね~!(*^▽^*)


by なっちゃん

ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【 2016/11/23 】 里親募集 | TB(0) | CM(28)