コロン・コロンなウサギ

うさぎのポロンとコロ太郎&なっちゃんとみのさんの日々
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

コロ太郎をお迎えしたこと

実は、コロ太郎との出会いは、ポロンと出会う数か月前でした。


ウチの近くにある大手ペットショップ。
その、人が歩く通路に面した小動物コーナーに、その子はいました。

初めて会ったのは、今年の2月くらいでしょうか?
はっきりは覚えていないのですが、11月下旬生まれのその子が
少し大きくなってからお店にやってきた気がします。
2か月は過ぎていたのではないでしょうか?3か月近かった?
毎日そのお店の前を通っていたわけではないので、もしかしたらもっと
小さいウチからお店にいたのかもしれません。
でも、私が気づいた時は、それくらいに成長していました。

小動物が入っているのはガラスの水槽のようなケースで、
その子の様子が良く見えました。
2か月過ぎていたとしてもまだまだ小さいウサギでしたが
私が気づいた頃は、その子は一人でケースにいました。
その隣のケースには、もっと小さい仔ウサギが、2~3羽一緒になって
入っていました。
その子はちょっと大きくなっていたので、一人でケースだったのかもしれません。


とても元気な子でした(*^▽^*)

P1290383.jpg
今、ウチにもある この木のハウス(ペットナチュラルバー)がケースに入っていたのですが
これに上ったり下りたりと元気にケースの中を走り回っていました。
まだ小さかったので、ケースの中で走るのも十分だったと思います。

人がケースの前に立つとね、急に元気になってピョンピョン飛び跳ねるのです。
まるで、僕とっても元気だよ~!って、私たちにアピールしているみたいでした。
私がちょっと場所を移動すると、それに合わせてその子も動き
私を追ってくるみたいな感じでした。
ちょっと疲れてくると床に寝そべるのですが、また人がケースの前に立つと
立ち上がって飛び跳ねる、走る、そんな子だったのです(*^-^*)
元気で人懐っこくて可愛い子。私はそう思っていました。

3P1250558.jpg
3P1250694.jpg

こんなに元気で人懐っこいのは……もしかしてコロン?
なんて思ったりして(笑)、コロン~!と呼びかけてみたりしました。
もしかして、このアピールは私にだけであって、他の人がケースの前に立っても
こんな風に元気に動きまわったりしないんじゃないか?
もしそうなら、これはこの子の私へのアピールじゃないか?なんて思ったりして(笑)
なので、私は他の人への、この子の対応を見ようと、
少しその場から離れて、その様子を見ることにしました(笑)
でも、他の人がこの子の前に立つと、やはり同じように飛び跳ねて走ります。
おじいさんであっても、小さい子供とお母さんであっても、私と対応が同じです。
私だけへの特別アピールじゃなかった!(;゚Д゚) ちょっとガッカリしたものです(笑)

でも、これだけ元気なら、きっとすぐに飼い主さんが見つかる!
そう思いました。
隣のケースにはもっと小さいフワフワの子がいるけれど、その子たちに比べれば
この子は大きいけれど、これだけ元気なんだもん。
きっとこの子をお迎えしてくれる飼い主さんが現れる、そう思っていました。
その時はまだコロンが亡くなって数か月だったので
私は新しい子をお迎えすることを積極的には考えられずにいましたし
男の子、ということがやはり引っかかっていました。
ウチはお迎えするなら女の子、って思っていたからです。
なので、この子を大事にしてくれる飼い主さんが現れることを願っていました。


でも、期待に反して、その子はいつまでたってもお迎えされませんでした。
当たり前ですが、その子は日に日に大きくなっていきます。
当初、この子のお値段は¥24000くらい。 
血統書付きでもなければ、ネザーとしては普通ではないでしょうか?

その値段がある時、¥11800 になりました。 半額に下がったのです。
生後4か月とか過ぎたあたりでしょうか?5か月かな?
そうしなければお迎えされないだろうとお店は思ったのでしょう。
それくらい、その子は大きくなっていました。
3P1250572.jpg
3P1250580.jpg

そして、いつの頃からか、その子は飛び跳ねたり走り回ったりしなくなりました。
全くしないということはないですが、大きくなってきたこともあり
ケースの中で走り回るのは狭くなったのかもしれません。
もう4~5か月過ぎて、何もわからない仔ウサギのままではない、
ということもあったかと思います。
ゴロンと床に寝転がって、私が顔を寄せても、ケースに指をはわせても
こちらに反応することは少なくなりました。

私はとても心配しました。 
この辺りから、もっとこの子のことが気になりはじめたのかもしれません。
一日でも早く飼い主さんが現れないと、この子はもっと大きくなる。
大きくなればなるほど、飼い主さんは見つからないのでは?と思ったのです。

とても気になり始めたこの子。
でも、やっぱりウチでお迎えするのはムリだろうと考えていました。
みのさんは、コロンのお里で新しい子を探し始めていましたし、
この子のお迎えは考えていなかったのです。

でも私はポロンをお迎えする前から、密かにこんなことも考えていました。
お迎えするなら女の子。
そして、その子が何年かして大きくなったら、もう一匹お迎えしてもいいかな~?
なんて考えていたのです。
その時がきたら、里親さんになろうかな?って考えていたのです。
お店からではなく、訳あって飼い主を探しているウサギさん。
仔ウサギではなく大きくなったウサギでもいいんじゃないか?って思っていました。
初めて暮らすならどうしても仔ウサギさんを求めてしまう気持ちはあると思います。
私たちもそうでした。
でも、ウサギはあっという間に大きくなる。。掌に乗る時期はすぐ過ぎる。

でもね、ウサギは大きくなっても可愛いのです(*^-^*)
それをね、私はコロンと暮らして知りました。
だから、大きく成長した子の里親さんになれる、って思ったのです。

なので、私は心の中で、この子をお迎えすることもアリなんじゃないか?と
思い始めていました。 里親ではないけれど、もう一匹お迎えする。
この子をお迎えする、それもいいじゃないかと思い始めていました。
ポロンと出会う前のことです。
でも、やっぱり女の子って気持ちが私の中にもあったので、
もしもこの子をお迎えするなら、女の子をお迎えしてからだ!って、
私は密かに考えていました。

でもその一方、、
早く良い飼い主さんが見つからないかなぁ……そう願ってもいました。

3P1250956.jpg
3P1250958.jpg
3P1250642.jpg


そうこうするうち、私たちにはポロンとの出会いがありました。
ポロンをお迎えしたのです。
ポロンがお家に来てくれてとっても幸せな毎日(*^-^*)
でも、私はコロ太郎のことが忘れられずにいました。

毎日お店の前を通ることはありませんでしたが、
通るときには、お迎えが決まっていればいいなぁって思っていました。
つまりそれは、あの子がお店のケースからいなくなる!そういうことでした。
でも、あの子は変わらずそこにいました。

私は違う心配もし始めました。
もしこのまま飼い主が見つからなかったとして、このお店ではいつまでこの子を
お店に置いておくのだろう?
ウサギ専門店だと、お迎え先が見つかるまで、大きくなっても何年もお店に
置いているところもありますが、ここは大手のペットショップ。
値段もすでに下げているし、この子はもうお迎えされないなぁ、とお店が見切りをつけたら、
この子はどこかへ行ってしまうのではないか?
どこへ行くのだろう……


今までも、ペットショップで仔ウサギを見てきました。
なかなかお迎えされずにいたウサギも見てきました。
でも気になるからといって、簡単に引き取るわけにはいきませんでした。
気になる子がいつのまにかいなくなっても
(飼い主さんが見つかったのか、そうでないのかわかりませんが)
いつのまにか忘れている……。
この子のこともそうだ……今までと同じ、いつか忘れる……
でも、なぜかこの子のことは、そう思えずにいました。

ある時、お店で小動物フェアが開催され、積極的に小動物を売り出そうとしていました。
この子の値段はあれから下がっていませんが、この小動物フェアが終わるまでが
ラストチャンスかもしれない!ってそんな風に思いました。
この子の飼い主さんも現れて欲しい! 私は期待していました。

でも、やっぱり飼い主さんは現れませんでした……

3P1250745.jpg

6月18日。フェアも終わろうとしていた日。
お店に行きました。 その子を見せてもらいに行きました。
みのさんは私のようには考えていず、正直乗り気ではなかったと思います。
以前から、同情でお迎えするのはダメだ、と言っていました。
確かにそうです。 
お迎えするということは、その子の一生を面倒みるということです。
その子が死ぬまで可愛がって一緒に暮らす。その覚悟が必要です。
私も簡単なことではないと考えていました。
でもずっと気になっているあの子。
あの子を見せてもらって、何かダメな点があったら諦めるつもりでしたが
そうでなければ、もうお迎えしようとすでに決めて私はお店に行きました。

オレンジのネザーを見せてください。
ケースから連れてこられたその子を抱っこしました。
暴れました。
小さい頃、あんなに人懐っこく見えたのに、今では人を怖がっていました。
ウサギなので抱っこは嫌いですよね。
だから暴れて逃げたかったのだと思います。
でも、ここまでくる間に、辛いことがあったのかな?人間が怖いと思うことが
あったのかな?なんて思ったりしました。
お店の人はちゃんと世話してくれてたろうけど
例えば通路を歩く人の中には、この子の前で足を止めても、ガラスをドンドンと
大きな音を立てて叩いたりした人もいたかもしれません。
(ケースには叩かないでください!って注意書きが貼ってあります)
怖い思いをしたのかもしれません。


この子はもう7か月。すっかり大きくなっていました。
でも、私はあの出会った頃の、まだ小さくて元気いっぱい飛び跳ねて、
ケースの中を走り回っていたあの子が忘れられません。
僕元気だよ~! 僕良い子だよ~! ねぇ、僕のことお迎えしてよ。
あの時、この子はそう言っていたのかもしれません。


私は少し後悔していました。
今お迎えするのなら、なぜあの時、まだ小さいこの子のことを
お迎えしなかったのでしょうか。
結局お迎えするならば、もっと早く、小さいウチにお迎えすれば良かった。
いっぱいナデナデして、お部屋の中を思い切り走らせてあげたかった。
ずっと一緒だよ。怖い事ないよ、安心していいよ、って言ってあげたかった。
そう思いました。

みのさんに、どうする?って聞きました。
私が良いならいいよ!ってみのさんは言いました。
みのさんも抱っこしたこの子をお迎えする気持ちになっていました。 
ここでお迎えしなかったら後悔する、私はそう思いました。


コロ太郎をお迎えしました。

3P1250937.jpg


遅くなってしまったけど、こうしてコロ太郎はウチの子になりました。

これで良かったのかな?
ウチに来て良かったのかな? 
もっと良い飼い主さんがいたんじゃないかな?
今でもコロ太郎にはそんな風に思うことがあります。

でもね、私たちは幸せなんです(*^▽^*)
コロ太郎と一緒に暮らせて幸せなんです。
二匹になったので、なんだかんだで生活が苦しくなるだろうけど(笑)
お迎えして良かったです!
みのさんも、お迎え渋っていたのに(笑)、コロ太郎のお世話も一生懸命で
いっぱい可愛がっているんです( *´艸`)
私たちがコロ太郎と暮らして幸せ、ってことは、コロ太郎だって幸せだよね?
臆病で、今でもお家で警戒してることも多いけど
ウチに来て良かった!って、コロ太郎が思ってくれる日も来るよね?
そう思っています。

3P1250761.jpg

可愛い可愛いコロ太郎。
これからも元気で長生きしてね。
ずっと一緒に暮らしていこうね。
ポロンと私とみのさんと、ずっと一緒に暮らしていこうね!


大好きだよ、コロ太郎(*^▽^*)


by なっちゃん

ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
【 2016/10/22 】 コロ太郎日記 | TB(0) | CM(16)

はじめまして! コロ太郎です。

はじめまして! コロ太郎です!
P1250565.jpg


皆様、前回のブログ、驚かれたことと思います(;^ω^)
やはり、何かいる!というタイトルで、オカルトチックに攻めてみようと思いましたが(笑)
もう騙されませんよね(前回も騙されていない(笑))

そうなんです。実はウサギさん、もう一匹お迎えしたのです。

名前はコロ太郎(通称:コロタ)。
この名前可愛くないですか? 私、お気に入りなんですよ( *´艸`)
男の子です。
カラーはオレンジ。
誕生日は平成27年11月26日(としました)
ポロンとは違い、大手ペットショップからのお迎えでしたが
生まれた日がわからないのか、誕生日は11月下旬となっていました。
下旬ということなので、コロンの誕生日が5月26日だったことから
月は違いますがコロンと同じ26日と決めました。

お家にお迎えしたのが、6月18日。
もう生後7か月になろうとしていました。
ポロンをお迎えしていたこともあり、コロ太郎のお迎えはとても悩んだのですが
どうしても気になり忘れられなかったので、思い切ってお迎えしました。
P1250519.jpg
P1250520.jpg
P1250521.jpg
P1250540.jpg


今は10月ですので、お家に来てから4か月が過ぎ
現在、生後11か月。 来月には1歳のお誕生日を迎えます。
7か月でお迎えしたので、ウチに来た時は、もうすでに成長していたコロ太郎。
9月には避妊手術も行っているのです。

お家に来た頃は、スリスリ~ってアゴスリで臭い付けを一生懸命やってました。
最近は減りましたが、女の子より男の子の方がスリスリ多いですね。
私、このスリスリ~のお顔大好きなんですよ( *´艸`)
P1250552.jpg
P1250553.jpg


ポロンに比べれば、ちょっと臆病かな~?
ナデナデ大好きなんですが、お手手を近づけるとビクってして逃げていくこと多いです(;^ω^)
牧草もペレットもちゃんと食べるのですが、●が小さいです。 
なんでしょうね、ポロンと同じものを食べてるのですよ。
きっとポロンの方が牧草いっぱい食べてるのだとは思いますが
持って生まれた腸の状態とかあるのかもしれませんね~。

男の子をお迎えして、女の子とは違うのかな~?って心配もありました。
確かに飛びチッコなどはありましたが、去勢手術をしてから
それもほどんど無くなった気がします。
何より、可愛さは女の子も男の子も変わりません。
ウサギさんは皆可愛いのです(*^-^*)
ポロンと同じく、コロ太郎も元気に大事に育てていきたいと思います。

皆さん、どうぞコロ太郎をよろしくお願いします!


by なっちゃん、みのさん


ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【 2016/10/15 】 コロ太郎日記 | TB(0) | CM(29)

何かいる!Part2 (;゚Д゚) 

お家の中をね……何かが走っているんですよ……

飛び跳ねているんですよ……


もちろんコロンじゃありません……
チンチラカラーのポロンでもないんですよ……
違う何かが走っているんですよ……


動画が撮れたので載せます。 (途中、私の足が写ってます。ごめんなさい|д゚))


ね、走ってるでしょう?
オレンジ色の何かが!!


…って、皆さんには、またまたバレバレですよね~(;^ω^)

こんな紹介じゃ、また怒られちゃうかな~?(*ノωノ)(笑)








by なっちゃん

ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【 2016/10/12 】 コロ太郎日記 | TB(0) | CM(28)